阿部真央 歌詞がネガティブなわけと結婚後の変化は?

阿部j6

阿部真央さんの歌詞が
ネガティブなわけと結婚後に
ついて書いていきます。

女子中高生にファンの多い阿部真央さんですが、人気の秘密は、そのネガティブな歌詞が、女子中高生に共感できる部分があるようです。

阿部真央さんがなぜ、ネガティブな歌詞をつくるのか調べてみました。

まずは、阿部真央さんの歌詞から見ていきます。

→『貴方が好きな私』/YouTube

《貴方が好きな私の歌詞》

作詞:阿部真央 作曲:阿部真央

わたしが貴方だけに染まるのを 貴方が嫌うから
前のめりで坂を転げないように 少し距離を置いた
本当はその胸に飛び込んで泣きじゃくってみたいけど
貴方の好きな私は そういう可愛い子じゃないから

自由なフリをしながら 孤独にのまれる夜に
隠れて涙して それでも貴方に愛されたく

以下略
j-lyric.net より

Sponsored Link

→阿部真央 歌詞検索サイト

確かにネガティブな部分がありますね。

特に女性は、悲しいことやつらい事などがあるとき自分を客観的に見て深く考えるという事が多くありますよね。

そんな時、阿部真央さんの歌が、なぐさめてくれるんでしょう。

《生い立ち》

阿部真央さんの生い立ちにネガティブな思考になる原因はないのか調べてみました。

音楽に興味を持ち好きになったのは、幼い頃に、祖父に演歌を歌わせられたことからだそうです。

小学校3年生でピアノを習い始め、地元のカラオケ大会にも参加し、

人前で歌うということに惹かれ、中学生の時に歌手になろうと志を持ち、オーディションに挑戦。

高校生で地元で路上ライブを行ったり、音楽オーディションに参加する。

高校1年生の時に処女作「MY BABY」を書き上げる。

高校2年生の時に「YAMAHA TEENS’ MUSIC FESTIVAL2006大分大会」に出場し、「MY BABY」で優勝。

全国大会で「母の唄」で奨励賞を受け、地元メディアから出演オファーを受ける。

高校卒業後、上京しポニーキャニオンと契約。

その後、多くのライブに出演する。

Wikipediaより

ここまで見てくると苦労はしたものの実力があってレコード会社と契約をしています。
ネガティブの要因は、見当たらないようですが。
Sponsored Link

《高校時代》

しかし、高校時代の懐古記事を見ると

部活に入っていて学校を休んじゃう。そうすると先輩が怒るのは分かるんですけど、

昨日まで仲良かった同じ学年の女の子がもう、みんな無視するんですよ。

え~、人間面倒くせ~みたいな!女の子やだ~みたいな。

そういう悩みもあったし。

同じ授業うけて、提出して、単位をもらい、卒業していく。

そう言う流れ作業みたいなものがどんどん嫌いになっていって。

だから、あえて外れてみたんですよね。

そうしたら、外れてみないと見えない世界ってあるなって思ったんですね。

そんな生徒だからこそ先生たちが向き合おうとする姿を見えたし。

他の子みたいに過ごしていたら見えなかっただろうなって世界もいっぱい見えたし。

本人ブログより

青春時代の多感な時期にうまく自分を表現できず。人と関わる事への抵抗を感じたらしいですね。

人と関わりたくても様々な抵抗があり、一人でいたい気持ちが大きくなってこもるという感じですね。だからネガティブになる。

でも、阿部真央さんの話の中に同級生の男子の話がないですね。

たぶん恥ずかしいので話をしていないだけで、きっと恋心はいだいたはず。

青春時代の恋い心に浸りたい方は、

こちらの映画がおすすめです。

→映画『アオハライド』高校時代の淡い恋心に浸れる!

 

《最近の言葉より》

そうですね。たとえばライブをやっていても、楽しいんだけど切ないんですよね。

“今はみんなと音楽でつながっているけど、ライブが終わればそれもなくなっちゃう”…みたいな。

昔より複雑ですね。簡単にネガティブに考えられなくなりました。ネガティブを残しつつ、

ポジティブな部分も出てきたのは、心の容量が増えたんだと思います。

本人ブログより

《ネガティブからポジティブへ》

阿部真央さんにとってネガティブの歌を歌っている時が、楽しく『ポジティブ』でいられるということです。

歌で誰かと繋がっていられるんですね。

最近の阿部真央さんの言葉に『ポジティブ』という言葉が見られます。

これは、掛け替えのない「大切な人」マニピュレーターの飯塚啓介さんの影響で「心の容量」が増えたんですねきっと。

ネガティブで切ないメロディーが、好きだったファンが多いですが、これからは、

結婚を機に、『ポジティブ』でハッピーな歌も増えていくのではないでしょうか。

幸せになってほしいですね。

Sponsored Link

今月の人気記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気の投稿画像

ページ上部へ戻る