阿部サダヲ 新ドラマ ロケ地あらすじ こじらせ大人4人の心の傷は

キャプチャ67800-

4月8日よる10時スタート
ドラマ『心がポキッとね』のロケ地・あらすじ・ネタバレについて書いていきます。

この作品は、過去に起こした失敗やそのことで知らず知らずにおっていた心の傷により、不器用にしか生きられない大人。

 

そして、他人だけだけでなく、自分が自分を面倒くさい存在として認識して病んでる(こじらせてる)オトナ4人の物語です。

 

そんな不器用な大人達の人間関係をブラックユーモアを交えて描いたラブコメディーです。

《ロケ地》

「心がポキットね」のロケ地ですが、吉祥寺の井之頭公園でロケ現場を目撃しましたとの情報がネット上を飛び交っています。

Sponsored Link

吉祥寺は、井之頭公園など都会とは思えない自然があり、住みやすい所として人気がありますよね。池でボートに乗ることもでき、リスなど小動物もいて

人気NO1のデートスポットです。また、吉祥寺サンロード商店街でも撮影していたという情報もあります。駅からは道が放射状に伸び、

商店街へ通じていて他の街とは、ちょっと違っていますよね。そんな自然と街の温かさから主人公・春太が住む所として、選んだのかもしれません。

 

劇中に出てくる春太が働いている輸入アンティーク家具店ですが、どこなのか、よく分かりません。しかし、吉祥寺には10店舗ほど家具店があります。

→絶対におさえておきたい吉祥寺の家具屋10選

 

《キャスト》

 

小島春太 役(阿部サダヲさん)
大手企業に勤めていたが、毎日の残業と周囲のプレッシャーにより心を病み、退社。インテリアショップ「Lio Bonito!」で働いている。

 

葉山みやこ 役(水原希子さん)
無職。男に惚れるとまわりが見えなくなり、のめり込んでしまうストーカー気質。

 

鴨田静 役(山口智子さん)
フリーランスの空間コーディネーターで、春太の元妻。

大竹心 役(藤木直人さん)
インテリアショップ「Lio Bonito!」のオーナーで、静かと一緒に暮らしている。

 

こじらせ大人の物語より、ハラハラした学園ものがいい人は、映画『ソロモンの偽証』がおすすめです。4月11日法廷編公開です。
→『ソロモンの偽証』あらすじとネタバレ!結末や登場人物は?題名の意味も

《あらすじ》

小島春太(阿部サダヲさん)は、アンティークを扱うインテリアショップの倉庫の一角に、居住スペースを作り暮らしていました。

 

朝、目覚めた後は、いつもの通り深呼吸をして、身支度を整えて「Lio Bonito!」へ出かけます。ここは、大竹心が社長を勤める

 

インテリアショップで、春太は家具の修理を担当していました。春太を見た店員の糸山扶美(徳永えりさん)が声をかけてきますが、

 

春太は自分におせっかいを焼く扶美が苦手だなと思っていました。店には、ほかに富田涼(永瀬匡さん)、庄司加代子(池津祥子さん)が、

 

スタッフとして働いています。春太は、以前、大手企業に勤めていたのですが、度重なる長時間残業と周囲からのプレッシャーによって、

 

心を病んでしまいました。そのまま働き続けることが、できなくなったため退職してしまいます。結婚もしていましたが、

 

その時の情緒不安定を自分で抑えることができず、妻に辛く当たっていた結果、離婚することになってしまいます。それ以来、

 

春太は恋をすること自体を自らに禁じ、なるべく誰とも関わらずに最低限の会話で過ごそうと心掛けて生きていました。自分の心が、

 

不安定にならないように常に落ち着いていられるように、規則正しい生活を送って、自分の決めたルールをかたくなに守るようにしていたのです。

Sponsored Link

 

仕事も家庭も失って、生きる希望をなくし、ホームレス同然の生活をしていた当時の春太を救ったのが、現在働くインテリアショップの

 

オーナー・心(藤木直人さん)だったのです。春太は、心を命の恩人として今でも感謝しています。ある日、葉山みやこ(水原希子さん)は、

 

なぜかアルバイト先の店長からクビを通達されてしまいます。何やらピンと来たみやこが回りを見回すと、走り去る人影が見えました。

 

みやこは、以前はきちんと就職し働いていたのですが、恋愛がらみのいざこざが警察沙汰に発展し、退職を余儀なくされてしまったのです。

 

みやこは、一旦、男に惚れてしまうとまわりが見えなくなり、のめり込んでしまうストーカー気質なところがありました。

 

みやこは、お金もほとんど残っていないのに、アルバイトもクビにされ、アパートまで追い出されてしまいます。そんな、

 

彼女が唯一の心のよりどころにしているのは、以前街で困っているところを助けてくれた優しい雰囲気のイケメン男性です。

 

どこの誰かもわからないのに、ときめきだけが暴走し、“神”とあがめては再会を祈っていたのでした。

 

ここから先は、ネタバレになります。

《ネタバレ》

その日の夜、フリーの空間コーディネーターとして働く鴨田静(山口智子さん)は、夕食を用意し、テレビでスポーツ観戦をしていた

 

心(藤木直人さん)に食事を食べようと声をかけます。心は、静と一緒に食事をします。心から美味しいと絶賛され、うれしい静は、

 

その料理を写真に撮って自身のブログにアップします。心は、上品で美人な静を理想の女性だと感じていました。付き合いだしたばかりの

 

二人でしたが、恋は順風満帆でした。心は、今どきあり得ないくらいのピュアな心を持つ男で、超イイ奴として周りからも慕われていました。

 

しかし、街中で困っている人や捨てられたものを見つけるとすぐに拾ってくるなど、世話を焼きすぎて逆に迷惑になってしまうこともあります。

 

また、心の理想の女性・静には実は、痛い過去があります。静香は離婚歴があるのですが、なんと元旦那は春太なのです!

 

元々の本名は「圭子」で、春太と結婚している時は、良き妻として夫に尽くしていました。しかし、同時にこのままではいけないと

 

いう想いも抱えていました。妙に自意識が高く現状に満足できないでいた静は、美大にいた頃の同期がデザインの仕事で注目を浴びていると知り、

 

『なんでこいつが?私のほうがずっとセンスが良かったのに』とイライラし、心がざわついていました。そんな中、オーバーワークにより、

 

春太の精神状態が不安定になり、家に帰ってきても毎日理不尽に罵倒され、辛く当られるようになってしまい、耐えきれなくなった静は離婚を決意します。

 

これをきっかけににもう一度自分の人生を生きようと考え、名前を「静」に変え、仕事を始めたところ、理想の男・心と出会いました。

 

一緒に暮らすことになり、毎日ブログに自分の幸せな生活の写真をアップすることに命を燃やし、それが幸せの形と思いながらも、

 

実は本当の幸せは何かを未だに把握していません。春太は、その日の仕事を終えた後、思い切って「白神メンタル相談所」のドアを叩きました。

 

春太は、白神(山西惇)からカウンセリングを受けていました。カウンセリングを終えた春太がふと、公園の大きな桜の木に目を留めると、

 

そこには桜を見つめるみやこがいました。その姿があまりに美しかったため春太は思わずじーっと見とれていました。すると突然、

 

みやこが堤防に登り始めました。そこに、牧野江里子(山下リオ)が走って来てここにヘンな女がいなかったかと春太を問い詰めます。

 

ここから、みやこと春太が繋がっていくことになりそうです!いつも面白い役を演じているイメージが、強い阿部サダヲさんですが、

 

今回は、心に傷を負い周囲となるべく関わらないようにする厄介な主人公役です。こんな側面もあったんだ!と感じられるような

 

キャラクターが出来上がりそうで楽しみです。また、阿部サダヲさん自身、「心を閉ざした方が楽な時ってある」ともコメントしていて、

 

本当にその通りだと思いました。いつも笑顔で、心をオープンに!なんて、出来ている現代人の方が稀ですよね。時には、心を閉ざして、

 

自分を守ることも大事だと思います。4人の”こじらせ”た心をほぐすのは、やっぱり恋なのでしょうか。それぞれの悩みをかかえて、

 

それぞれの幸せに向かって走っていく彼らに自分を重ね合わせてしまう方が、きっとたくさんいると思います。

どんな展開になるのか、楽しみですね!

 

阿部サダヲさんのドラマも注目されていますが、堺雅人さん主演のドラマDr.倫太郎も注目です。

→Dr.倫太郎 原作 あらすじネタバレ天才精神科医は女心が分かるか?

Sponsored Link

今月の人気記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • 名無しのリーク
    • 2016年 7月 25日

    香川県ルーちゃん餃子でおなじみのフジフーヅはバイトにパワハラで指切断の重傷を負わせた糞ブラック企業

人気の投稿画像

ページ上部へ戻る