『あさが来た』主題歌あらすじネタバレ!ヒロインは凄腕起業家!

NHK朝ドラ『あさが来た』の主題歌あらすじネタバレについて書いていきます。

 

→朝ドラ『あさが来た』公式サイト

《主題歌》

主題歌は未定です。大河ドラマや朝ドラで視聴率低迷のNHKとしては、話題作りもしたいこともあり、以下の例から意外なアーティストが主題歌を手がけることになるかもしれません。過去の朝ドラの主題歌以下のもののように。

・マッサン主題歌 『麦の唄』中島みゆき

・ごちそうさん主題歌 『雨のち晴レルヤ』ゆず

『花燃ゆ』や『まれ』などから見ても若者受けするものは当たらないように思えますね。
個人的希望としては、松任谷由実や井上陽水というのもありかと。

主題歌が決まり次第お知らせします。

Sponsored Link

《キャスト》

今井あさ 役(波瑠さん)
幕末(嘉永2年)京都の豪商の次女として生まれる。
正義感が強く、相撲も強い、好奇心旺盛なおてんば娘。

ハル

今井はつ 役(宮﨑あおいさん)
あさの姉。奔放なあさと違い、つつましく美しい、琴や裁縫が得意。

asaga0423b-thumb-autox333-534365

今井忠興 役(升毅さん)
あさの父。呉服屋と両替屋を営む京都の豪商・今井家の当主。
自由奔放なあさには厳しい。

 

今井梨江 役(寺島しのぶさん)
あさの母。常に夫・忠興を陰から支え、子供たちにも優しい良妻賢母。

 

今井忠政 役(林与一さん)
あさの祖父。今井家の前当主。隠居しているが、度々今井家を訪れ、孫娘あさをかわいがる。

asaga0423f

白岡新次郎 役(玉木宏さん)
あさの許嫁。両替屋「加野屋」の次男。明るく朗らかな性格で、三味線や茶道に夢中な道楽者。あさの事業家としての才能を見出し、支える。

 

話題の恋愛から驚愕のミステリーへと変貌する映画などは、いかがでしょう。
→イニシエーションラブ あらすじやネタバレ 謎をとく鍵はWニ股!!

《あらすじ》

原作は、 古川智映子さんの『小説 土佐堀川』です。この作品は、『花子とアン』のようにまだ、女性の社会進出がされていなかった頃、ヒロイン・今井あさ(結婚後、白岡)が、様々な社会的困難を家族と乗り越え、社会に貢献という大きな目標に向かって生きていくという物語です。

Sponsored Link

【豪商の四女】

『花子とアン』に村岡花子というモデルがあったように、この作品にもモデルはいます。京都の豪商・小石川三井家の三井高益の四女・広岡浅子です。広岡浅子は、大阪の豪商加島屋一族の広岡信五郎に嫁ぎ、幕末から大正期に活躍します。今では、女性が企業の役員になることが普通になっていますが、

あさが来た23

広岡浅子が生きた時代は、女性が表舞台に出ることがなかった時代です。そんな中、企業経営者として、銀行や生命保険会社、そして、女子大学を日本で初めて作るなど、女性起業家の先駆者として活躍しました。そんな広岡浅子の座右の銘は「九転び十起き」。ことわざより2回も多いです。

 

転んでも転んでも何度でも起き上がっていくネバーギブアップの精神の持ち主なんです。朝ドラでは実在の人物や企業名を変えていて脚色、改変してフィクションとして制作されています。生まれた時から『あさ』は、大阪有数の両替屋に嫁ぐことになっていたが、姉のはつが大好きで、勉学にも興味があり、一度は、嫁入りを拒否します。

 

【巨額の貸し付け】

しかし、許嫁の優しさと器の大きさにふれ、嫁入りを決意します。嫁いですぐに明治維新をむかえると、動乱の中、巨額の大名貸しがこげつき、貸し付け証文は、ただの紙きれになります。天王寺屋、平野屋、などの大坂の有力両替商は、軒並みに倒産します。

 

【趣味人の夫】

巨額の大名貸しがこげつき家業が傾いてしまいます。ところが夫は金持ちのボンボン「金儲けは性に合わんねん」と三味線など趣味に興じるばかりです。あさは、夫に代わって、諸藩の蔵屋敷に行き、逃げ回る家老らの首根っこを押さえつけ、少しでも返済してもらうよう迫ります。

 

【凄腕起業家】

『あさ』は、そのバイタリティーから家業をなんとか立て直します。そして、子育てをしながら炭鉱事業や銀行、生命保険会社と次々に事業を立ち上げ、さらに女性の未来のため、日本初の女子大学校の創設を手がけます。結婚してからもなお夫の魅力を発見し続け、生涯を通じ夫への愛を深めていきました。

あさが来た33

江戸から明治の激動の時代を生き抜いた夫婦愛を描き、『(朝)が来ると新しい世界が始まる、そんな社会を明るくするようなドラマにしたい』というスタッフの思いが込められているそうです。実際のドラマでは、『あさ』の生き方がどのように描かれているか楽しみですね!

 

本田翼さんが三角関係や恋いに揺れるドラマはいかがでしょう。
→『恋仲』原作はなくオリジナル!あらすじとネタバレ

Sponsored Link


Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/koube1212/sakigake-tsushin.com/public_html/wordpress/wp-content/themes/gorgeous_tcd013/single.php on line 153