ぼく明日京都イベント!福士蒼汰×小松菜奈ロケ地で再デート!

稲荷

12月17日公開の映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の京都レッドカーペットイベントが6日京都・伏見稲荷大社で行われました。

 

《京都イベント》

当然、主演の福士蒼汰と小松菜奈も出席し、映画の大ヒット祈願をしました。

 

今回、このイベントが行われたのは、ファンから「京都を舞台とした映画だから、是非2人で京都に来てほしい!」という声が多くあがったため、それに応えたものです。

Sponsored Link

歴史ある神社・伏見稲荷大社で“史上初”となるレッドカーペットイベントが実施されることになりました。

 

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」特報2 YouTube

 

映画に出てくる京都の名所や風景もInstagramやtwitter等のSNSでも話題となっています。二人が訪れた多くのデートスポットは、SNSで数多くアップ、拡散されて、

 

映画の公開前にも関わらず、マニアが撮影地を訪れる姿も見られるということです。当日は、伏見稲荷に主題歌であるback numberの

 

「ハッピーエンド」の曲が流れ、人力車で二人が登場しました。約3000人のファンが二人を見ようと集まりました。ファンに手を振りながら歩く二人に特に女性ファンから大きな歓声が上がりました。

 

《あらすじ》

京都の美大生の南山高寿(福士蒼汰さん)は、ある日、大学に向かう電車で出会った福寿愛美(小松奈々さん)に一目惚れしてしまいます。

 

翌日、美大の授業で動物園に来ると、昨日出会った彼女と偶然にも会う。勇気を出し声をかけ「また、会えるかな?」と、約束をしようとした高寿だったが、
Sponsored Link

それを聞いた彼女はなぜか突然泣いてしまう。その後、すぐに2人は意気投合し、交際がスタートします。

しかし、彼女は携帯を持っておらず苦労しながらデートの約束をする。

 

初めてのデート、初めて手をつなぎ、初めて名前で呼び合います。そんな初めてのことが、あるたびに彼女はなぜか泣いてしまう。高寿はそんな彼女を不思議に思いながらも愛情を深めていきます。

 

高寿が、再び違和感を覚えたのは、動物園で描いたキリンの絵が愛美が教室に貼られるやつだと言い、実際にその通りになったことや高寿が、

 

まだ誰にも見せていない小説のヒロインの名前を彼女が知っていたことなどです。

 

ある時、高寿は「予知能力でもあるの?」と彼女に聞くと、彼女は変な誤魔化し方をする。「あなたの未来がわかるって言ったら、どうする?」

 

石原さとみ山下智久フライデー!ガードの甘さから熱愛増産!

初めてキスをした日、高寿は想像も出来なかった彼女の秘密を明かされます。愛美は未来が分かる女。高寿にとっては未来の世界を知っている女。

 

ぼくは明日、昨日のきみとデートする原作ネタバレ結末悲しい秘密

 

『ぼく明日』ロケ地京都・大阪の撮影場所を詳しく紹介

 

物語の中盤愛美が残したメモ書き。それには日付が逆に書かれていました。高寿がそのメモを見た時、愛美から電話がかかり本人から時間が逆に回っているという秘密が明かされます。

 

≪福士蒼汰 コメント≫
今日、すごく歴史のある伏見稲荷大社という場所で祈願イベントを行えたことはすごく光栄だなと思います。こんなに沢山の方々に集まっていただき、皆さん本当にありがとうございます。すごく嬉しいです。(レッドカーペットを歩くのは)少し恥ずかしかったです(笑)ここを歩くのはなかなかできませんし、史上初ということで、どういう気持ちでいたらいいのか分からなかったです(笑)
映画は、ほとんどのデートシーンに細かい設定がなく、アドリブで、自分たちの素の表情が見られる珍しい映画になっていると思います。高寿の成長ストーリーでもあるので、最初と最後の高寿の顔が全然違うので、そういう成長のグラデーションを意識しました。この映画は時間を見つめ返す映画です。是非大切な人と、寒い冬にこの暖かい映画を観ていただければと思います。

≪小松菜奈 コメント≫
撮影で1ヶ月と少し京都に来ていましたが、2人でまたここに帰ってくることができて良かったなと思います。今回「ぼく明日」で大ヒット祈願をすることができてとても光栄に思いました。デートシーンは、2人で楽しんでと言われて、本当に楽しんでいたところをカメラマンさんに撮っていただきました。鴨川の飛び石を飛び越えるシーンは、何度も色々な方向から撮ったのですが、自然と楽しめたので、デートしている感じが画面にも伝わればいいなと思います。撮影中は、常に笑顔でいることを心がけていました。辛い時に辛い表情をするのではなく、明るく振舞っているほうが心にぐっとくるのかなと思ったので、明るく楽しんでいるようにしました。一緒に撮影していても現場も和気あいあいとしていたので本当に楽しくて、いい思い出が沢山あります。今日は短い時間でしたが、ここにいる皆さんと同じ時間を過ごせて良かったです。

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」は、12月17日公開です。

Sponsored Link

今月の人気記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気の投稿画像

ページ上部へ戻る