コードブルー2017キャストあらすじと相関図1期2期おさらい

コードフルー

2017年7月夏ドラマ『コード・ブルー』 ドクターヘリ緊急救命について書いていきます。

 

放送局:フジテレビ
ドラマ放送日:2017年7月、毎週月曜よる9時

 

シーズン1からおよそ10年がたち、出演者だった山下智久さんや新垣結衣さん、戸田恵梨香さん達は、それぞれ映画やドラマで主役として活躍するほど力を付けてきています。
Sponsored Link

 

その3人が揃ってコードブルー・シーズン3に2017年夏、帰ってきます。

 

コード・ブルー公式YouTube動画

 

 

これは、楽しみですね-。成長した3人は、是非みたい。     最近の低視聴率に悩む、ドラマ作成者にとっての希望となり、フジの月9は久しぶりの高視聴率になりそうです。     ここでコード・ブルーのおさらいを     《コード・ブルーとは》 タイトルにもなっている「コード・ブルー(Code Blue)」の意味は、医師や看護師の中で使われている言葉で、体調が急変し、緊急的に蘇生が必要な患者が発生したという意味で使われいる医療用語です。     さて、今回のキャストですが、ほぼ前作と同じメンバーです。  

《キャスト》

藍沢 耕作 役(あいざわ・こうさく)山下智久さん 翔北救命センターの医師でフライトドクターで、冷静な態度で患者と触れ合い的確に処置する力を持っている。フェロー課程を卒業して脳外科へ進んだ。  

 白石 恵 役(しらいし・めぐみ)新垣結衣さん 翔北救命センターの医師でフライトドクター。 穏やかで医療の知識もあり、医療技師もある。ただ性格はやや消極的。精神的にも成長し、フェロー課程を卒業後も父の経営する病院には入らず翔北救命センターで働いている。現在は、フライトドクターのリーダー。  

  緋山 美帆子 役(ひやま・みほこ) 戸田恵梨香さん 翔北救命センターの医師で産婦人科医への道を選ぶ。性格は勝ち気だが根は優しい女医。トラブルやケガによっての謹慎期間があり、藍沢や白石と一緒にフェロー課程を卒業できなかった。     藤川 一男 役(ふじかわ・かずお)浅利陽介さん 翔北救命センターの医師でフライトドクター。整形外科専門の救命医。 明るい性格でお調子者だが、実は臆病な面もある。技術的には、まだまだだが、数多くの現場をこなしながら技術を磨きつつある。     冴島 はるか 役(さえじま・はるか)比嘉愛未さん 翔北救命センターの看護師でフライトナースの中心的存在。 高い技術と医師以上の知識で現場で活躍する。ハッキリとモノを言う強気な性格。     橘 啓輔 役(たちばな・けいすけ)椎名桔平さん 救命センター部長。     名取颯馬 役 有岡大貴さん(Hey! Say! JUMP) フライトドクター候補生。 名取総合病院の院長の一人息子で医師の技術はあるがやる気がない。     灰谷俊平 役 成田凌さん フライトドクター候補生。 真面目で優しいが技術が未熟でコンプレックスをもっている。     横峰あかり 役 新木優子さん フライトドクター候補生。 明るい性格で医療ドラマに憧れて医師になった。     雪村双葉 役 馬場ふみかさん プライドが高く気が強い新人ナース。   Sponsored Link

 

新海広紀 役 安藤政信さん
高度の技術を持つ脳外科医。同僚との付き合い方もうまい外科医のエース。医療水準の高いトロント大からの医師の受け入れ枠を藍沢と争う。

 

相関図

c6ddd29c71d0f2e463b1538c89fd842e 300x277 コードブルー2017キャストあらすじと相関図1期2期おさらい

http://0409yamap.blog122.fc2.com/blog-entry-599.html

 

《あらすじ》

脳外科医の藍沢耕作とフライトドクターのリーダー白石恵は、救急現場にいち早く到着し、重傷の患者たちを救う医者。ヘリで1秒でも速く急患のもとに行き、命を救うことを使命としています。

 

翔陽大学付属北部病院の救命センターでは、5人の若い医師とナースが苦しみ、もがきながら人々の命を救っていた。

 

かつて若手医師として救命センターでフェローシップで学んだ5人はそれぞれ自分の目指す道を歩んでいた。

 

シーズン1の放送から10年、翔北救命センターでは白石恵は、フライトドクターのリーダー、冴島はるかはフライトナースのエース、藤川一男は、整形外科専門の救命医としてそれぞれ成長し、活躍していた。

 

一方、藍沢耕作は救命センターを離れて脳外科医としての技術を磨いており、フライトドクターを目指していた緋山美帆子は、周産期医療センターで産婦人科医の道を歩んでいた。

 

過去、先輩たちに教えらえれた5人は、人に教える立場に変わり、日々、命と真剣に向き合っていき人生で新しい局面を迎える。

 

シーズン3では、1と2を経て、それぞれの道を歩んだ5人の未来を描きます。

 

5月18日には山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介による打ち合わせも始まったとのこと。

 

偉大な先輩たちに習う新人たちに有岡大貴(Hey! Say! JUMP)、成田凌、新木優子、馬場ふみか等が加わり、さらに安藤政信や椎名桔平も出演するそうです。

 

シーズン3 あらすじ(2017年7月~)

Sponsored Link

10年以上のキャリアを越え成長した彼らは自分の人生と向き合い始める年代に達し、それぞれの道を歩みだしていた。

 

藍沢耕作(山下智久)は、脳外科医として日々オペを行い。白石恵(新垣結衣)は人手不足の翔北救命センターでフライトドクターのスタッフリーダーとして奮闘し、

 

藤川一男(浅利洋介)も白石と共に翔北救命を支える整形外科専門の救命医となっていた。

 

フライトドクターを目指していた緋山美帆子(戸田恵梨香)は周産期医療センターで産婦人科医としての道を歩んでいた。

 

冴島はるか(比嘉愛未)は、今もフライトナースとしての道を究め続けエースとして活躍。   それぞれに命と真剣に向き合いながら、

 

あるものは家族を失い、あるものは恋人と出会い、あるものはライバルと熾烈な戦いを繰り広げる新たな局面を迎えていた。と、いうところから第3弾は始まるようです。

 

それぞれの道を進んでいる医師たちは今回どんな奮闘をみせてくれるんでしょうね

 

ここで過去のコード・ブルーを振り返ってみましょう。

 

シーズン1~シーズン2までのあらすじ

 

シーズン1 あらすじ(2008年7月3日から9月11日まで「木曜劇場」)

フライトドクターを目指して全国から翔陽大学附属北部病院救命救急センターに医師が集まるところから始まりました。

 

救命救急センターに赴任してきたのは、藍沢耕作(山下智久)、白石恵(新垣結衣)、緋山美帆子(戸田恵梨香)、藤川一男(浅利陽介)

 

すでにフライトナースとして活躍していた冴島はるか(比嘉愛未)と共に、互いにぶつかったり、助け合ったりしながら成長する姿が描かれました。

 

生死を左右する難問に向き合うハラハラする展開もありましたね。

 

シーズン1の最後では、トンネル多重衝突事故という大惨事が起こり、そこで人名救助に奮闘する5人の姿が描かれました。

 

スペシャル あらすじ(2009年1月10日新春スペシャル「土曜プレミアム」)

シーズン1終了後にはスペシャル版も放送されました。

 

スペシャルでは、列車の脱線事故が発生し、そこで活躍する5人の姿が描かれました

 

シーズン2 あらすじ(2010年1月11日から3月22日まで「月9」)

シーズン2では、フライトドクターの研修修了認定まで、あとわずかとなった彼らの姿を中心に描かれました。

 

ドラマの最終では、飛行機墜落によるドクターヘリの要請により、彼らが現場へ向かい惨状を前に次から次へと難しい決断を迫られる中、

 

命を守ることを使命として負傷者一人一人と向き合う姿が描かれました。

 

医療ドラマで、よくあるスーパードクターの姿でなく、現実感のある医療現場のリアルな瞬間や感情が描かれたことが、同時期のドラマの中で視聴率が最高、かつ唯一の15%超えだった要因と言われています。

 

《主題歌》

シーズン3の主題歌もミスチルのHANABIに決定

フジテレビは6月2日、第三期の主題歌もこれまでと同じくミスチルの「HANABI」にすると発表しました。   2008年に発売された名曲が2017年のドラマでも正々堂々と主題歌に使われる展開にファンも感激ですね。   ミスチルは6月10日から全国ドーム&スタジアムツアーがスタート、ドラマの放送と合わせて日本を代表するバンドに再び熱い視線が注がれますよ。   《ロケ地》 病院のロケ地は日本医科大学付属千葉北総病院


コードブルーは劇中では翔陽大学付属北部病院がメインの舞台になります。

 

その病院のロケ地になっているのが日本医科大学付属千葉北総病院です。実際にドクターヘリのある病院のためヘリポートも存在しています。

有岡大貴いらないの声に

人気ドラマの撮影現場としては都心から近すぎず、遠すぎない日本医科大学付属千葉北総病院がロケ地にベストだったようです。

日本医科大学付属千葉北総病院
住所:千葉県印西市鎌苅1715

 

今回も7月のドラマスタートに向けて、フジテレビの並々ならぬやる気を感じますね。

Sponsored Link

今月の人気記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気の投稿画像

ページ上部へ戻る