ドラマ 「昼顔」 第4話あらすじ 主役最初のオファーは?視聴者の思いは?

昼顔77

「昼顔」のあらすじや視聴者
の反応を書いていきます。

第3話を終わったところで視聴率12%と二
桁代を維持している「昼顔」。

同じように高視聴率を維持している朝ドラ
「花子とアン」
不倫を扱った二つのドラマが受け入れられて
いる訳も考えてみました。

まずは、第4話の展開は、どうなるのでしょ
うか?

さっそく第4話あらすじ

紗和(上戸彩)は、北野(斎藤工)と昆虫採
集をしに森林公園を訪れます。

最初は話もぎこちなかったものの、次第に二
人の距離が近づいていきます。

Sponsored Link

カマキリの生殖活動の話をした北野は、こん
な話しかできない面白味のない男だと言いま
す。

『昼顔』ロケ地へも行ってみましょう

紗和は、そんな北野にそっと手を差し出し、
彼と手をつなぎます。

d9725001e170b6d3d49efd329c000314 ドラマ 「昼顔」 第4話あらすじ 主役最初のオファーは?視聴者の思いは?

女性は、こんな暖かみのあるふれ合いを望ん
でいるんでしょうね。

斎藤 工さんも恋多き人

そのとき紗和たちは北野の教え子、啓太(健
太郎)とまなみ(田中日奈子)がこっそり後
をつけてきていることに気付いていませんで
した。

教え子に見られました。これは、拡散を覚悟
ですね。

同じころ、加藤(北村一輝)との情事を終え
た利佳子(吉瀬美智子)は、手慣れたようす
で身支度をしていました。

帰り際、利佳子はテーブルの上に何枚かの1
万円札を置くと、

お互いの生活を壊すような事になりそうにな
ったときは理由を問わずに精算するという条
件で時々会わないか、と彼に告げます。

Sponsored Link

しかし加藤は、そんな金をもらうくらいなら
餓死した方がましだ。と、言って利佳子に金
を返して彼女を追い返してしまいます。

あくる日、仕事中の紗和のところに智也がや
ってきて心配なことがあると言いいます。

智也の話で利佳子と思われる女性が出会い系
サイトで不倫相手を募っていることを知りま
す。

実は智也も、このサイトで利佳子と知り合っ
たということを聞きます。

心配になった紗和は、利佳子を訪ね、危ない
ことは止めた方がいいと忠告しますが。

以上が第4話のあらすじです。

主題歌 一青窈「他人の関係

主題歌を歌う一青窈さんも不倫の果てに結婚
した方。意味深ですね。

不倫を思わせる歌というと小林明子「恋いに
落ちて」がありますよね。人気のある歌です
が、歌詞をよく聴くと内容は不倫です。

このドラマはには、原作はなく平日の昼に別
の男性と恋をする「昼顔妻」が増えてきてい
る。

と、いうことからフジの情報番組「ノンスト
ップ」が話題として取り上げ作ったもので、

実際に不倫をしている人から取材しているの
でリアリティーがありますね。

主役の上戸さんも吉瀬さんも好演しているの
で、話が進むにつれてどんな展開なっていく
のか興味津々ですね。

実は、最初に主演のオファーを受けていたの
は、上戸さんではなく、長澤まさみさんでし
た。

しかし、当時、交際中の伊勢谷友介さんとの
結婚を視野に入れていたため夏ドラマは出な
いということで断ったらしいです。

上戸さんも放送される前は、新婚の上戸さん
が不倫妻の役を演じることに批判的な意見が
多くあり、

低視聴率となることが懸念されていたものの、
吉瀬美智子さんの演技が好評価を受けており、
夏ドラマの中でも二桁の視聴率を維持してい
ます。

では、低迷する夏ドラマの中で二桁の視聴率
を維持している昼顔を視聴者はどのように見
ているのでしょう?

ここで視聴者の思いを見てみましょう

否定的な人の意見
・ドラマ=現実と切り離して考えることをこのドラマを通して知ってほしい。

・愛しているから仕方ないのですとか最もらしいこと言って逃げないでほしい。

・不倫をし、家庭を破壊する人にこのドラマが、不倫している人たちを正気に戻してくれるのではないかと思っています。

肯定的な人の意見
・結婚後、子どもも出来、今は、周りから見れば幸せな家族だと見られていても実は、同居人のようになっていて仮面夫婦。

・妻や母親として以外に「女としてのワタシ」をたまには出して見たくなる。

・割り切る不倫なら、人生潤滑油だ。

ネバーまとめから

不倫に走る女性は、寂しさや不安感がその根
底にあるのかもしれませんね。

自分はなかなか不倫は、できない。でも、ド
ラマを通して自分を投影して見ているのでし
ょう!

両論ある中でフジTVは、どのような立ち位
置で発信しようとしているのでしょうか?
→先駆け映画通信トップはこちら

番組の今後の展開と共に視聴者の反応にも注
目です。

Sponsored Link

今月の人気記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気の投稿画像

ページ上部へ戻る