ドラマ花咲舞が黙っていないのあらすじやネタバレ続編も派閥争いが

キャプチャ0

7月水曜夜10:00スタートの
ドラマ「花咲舞が黙っていない」続編のあらすじやネタバレについて書いていきます。

2014年4月期に放送された前作の「花咲舞が黙っていない」は、平均視聴率が16.0%、最高視聴率18.3%をたたき出し、大人気となりました。

 

原作は、人気作家の池井戸潤さんの『不祥事』で、毎日どこかの銀行支店で発生する誤払い、現金紛失、情報漏洩、融資トラブル、そして背任行為など様々なトラブルを解決する『臨店』の職務に全力を注ぐ主人公・花咲舞の奮闘が描かれます。

 

→「花咲舞が黙っていない」公式サイト

Sponsored Link

《キャスト》

花咲舞 役(杏さん)
明るく親切なテラーとして同僚や顧客から人気があったが、突然臨店班に異動を命じられた。異性に好かれることに慣れていない鈍感な部分がある。弱い立場の人を放っておけない。

相馬健 役(上川隆也さん)
落ちこぼれのベテラン行員。舞に振り回されながらもよき支え役として、コンビを組み活躍する。

 

松木啓介 役(成宮寛貴さん)
東京第一銀行・五反田支店の融資課員。舞に惹かれていく、少し熱くて真っすぐな心の持ち主。第2話から準レギュラーとして登場。

 

銀行ものもいいですが、話題の恋愛から驚愕のミステリーへと変貌する映画などは、いかがでしょう。

 

→イニシエーションラブ あらすじやネタバレ 謎をとく鍵はWニ股!!

《あらすじやネタバレ》

前回の放送が2014の4~6月ですから今回は、今までにない速さで続編の放送となります。
他社やNHKの大河が低迷している昨今、日テレもこのドラマの市場調査をしているはずで、かなりの数値で期待されているドラマということが分かります。

 

前作では、東京第一支店銀行を舞台に、銀行の世界の裏側で繰り広げられる様々な事件を、地位も権力も持たない、ただの一銀行員である花咲舞が解決していくというストーリーでした。舞は間違っていることを、はっきり「間違っている」と言える度胸があり、真っすぐな心の持ち主。

 

そのため、事件や不祥事が起きた支店に出向き、解決に導く臨店(りんてん)という仕事は、舞にぴったりです。それ間違ってます、やおかしいです、と言えずにいる弱い立場の人たちのためなら、相手が上司だろうが、企業の社長であろうがおかまいなしに立ち向かっていくところが、視聴者の心をつかみます。
Sponsored Link

見終わった後には痛快・爽快な気分になれるという感想が多く寄せられました。また、出世コースから外れてしまったベテラン行員である相馬(上川隆也さん)とのコンビも見ていて微笑ましかったですよね。すんなり、あきらめてしまう相馬とは対照的な舞に振り回されながらも、

 

彼女をサポートし、ここぞという時には一緒に戦いますが、銀行で最大派閥を持つ執行役員・真藤毅とは対立していきます。個人的には、最初の自由が丘支店で起こっていた職場内のいじめ、三千万円の誤払いなどの事件が印象深いです。やはり、ここから面白そうだなと物語に引き込まれていったからです。

《派閥争い》

続編では、銀行の本部長だった真藤毅(生瀬勝久さん)が常務に出世していて、銀行の頭取を目指す派閥争いが繰り広げられます。舞の所属する「臨店班」も、必ずや巻き込まれてしまうでしょう。前回同様、パワフルな舞が、不祥事を解決すべく様々な障壁に立ち向かう姿が想像できますね!

 

ちなみに今回、準レギュラーとして登場する成宮さんは、2000年に『滅びかけた人類、その愛の本質とは…』で舞台デビューした俳優です。その後、映画やドラマにも出演するようになり、2002年に大人気学園ドラマ『ごくせん』に出演したことで、一気にブレイクしました。

 

今回は、甘いルックスの彼が、舞と一緒に不祥事を解決していく中でだんだんと舞に惹かれていくということですから、ラブストーリーの要素も入ってくるかもしれませんね!長年、彼氏がいなかった舞にもついに恋が訪れるのでしょうか。楽しみですね。

 

また、杏さんは、続編を希望する声をよく聞いていたといい

「いろんな人の心に風通しのよい爽快感をお伝えできたのかなと思っていて、またそれを届けられることをうれしく思っています」

と、喜びのコメントを残しています。話題になったドラマだけに、大いに期待します!

 

世間の注目も浴びると思いますが、周りの期待が大きいだけに、続編でこけてしまうと、前作の印象も悪くなりかねません。制作側にとっても難しいところだと思いますが、今ノリにノッている杏さんだけに、幸先のいいスタートが切れるといいですね。舞の反論する時の決めゼリフ、「お言葉を返すようですが」が早く聞きたいですね!

斎藤工さんのアクションが光る。忍者ものはどうでしょう。

→斎藤工 虎影のあらすじやネタバレスタントなし殺陣アクションすごい

Sponsored Link

今月の人気記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気の投稿画像

ページ上部へ戻る