沢村一樹ドラマ偽装の夫婦!人間嫌いな妻に愛は生まれるか!

タイトル偽装

2015年10月7日よる10時スタートのドラマ『偽装の夫婦』のあらすじやネタバレについて書いていきます。

日本テレビのドラマ「偽装の夫婦」に原作はありません。ドラマ「偽装の夫婦」は、ドラマ「女王の教室」「家政婦のミタ」などを手がけた遊川和彦のオリジナル脚本です。遊川さんといえば柴咲コウさん主演の「○○妻」を思い出しますね。今回と同じような異質な夫婦の姿、契約妻でした。

 

本作も偽装夫婦という異質な夫婦を描きます。「○○妻」との違いを探るのもいいですね。このドラマは、あることで人嫌いになった美しい女性と昔の彼が出会い夫婦になるが、本当の姿は、違っていた。さて、どんな夫婦なのか?

 

→ドラマ『偽装の夫婦』公式サイト

Sponsored Link

《キャスト》

嘉門ヒロ 役(天海祐希さん)
図書館司書。美人で明晰な頭脳の持ち主。笑顔で対応するので周囲には好印象を与える。理想の女性に見えるが、実は大の人嫌い。 幼い頃、両親を火事で亡くす。幼い頃の経験と大学時代の恋人に逃げられたことから独身を決意。

陽村超治 役 (沢村一樹さん)
幼稚園の経営者。ヒロが大学時代に唯一愛した男。明るく社交性的。適当な一面もある。

水森しおり 役 (内田有紀さん)
謎のシングルマザー

弟子丸保 役(工藤阿須加さん)
宅配業者

Sponsored Link

 

恋人は高学歴の僧侶だった

→『5→9』ドラマのキャストやあらすじネタバレ!恋人は高学歴の僧侶だ

《あらすじとネタバレ》

美しい容姿と優しい笑顔を持つ彼女だが、ヒロには誰も知らない裏の顔がありました。それは、人が嫌いであるということ。人と笑顔で話していても、心の中では毒を吐いている。ヒロが人嫌いになったのには理由がありました。幼い頃から優秀だったヒロだが、それが周囲からのねたみをかい、幾度となく傷つきました。

 

【本が友達】

25年前、大学時代に唯一心を許した男からも逃げられてしまいます。そんなことから一生独身でいることを決意します。心を閉ざしたたヒロ(天海祐希)は本の世界に逃げ、図書館司書として働くようになります。くだらない世間に背を向けて、本だけをこよなく愛する毎日を送ります。

 

そんなある日、大学時代に唯一愛した陽村超治と運命の再会をします。 超治は、ある幼稚園の園長代理を務めていました。ヒロは、超治がなぜ自分を捨てたのか、長年気にかかっていた。ヒロがその理由を尋ねると、超治は思いもよらないことを告白します。

 

【偽装の始まり】

驚くヒロにさらに陽村超治は結婚を申し込みます。余命3ヶ月の母を喜ばせたいという一心から超治が決意したものでした。母親のための偽装結婚です。なんとヒロは、超治のプロポーズを受けます。ここに偽装結婚が始まります。さて、どんな展開になるのか?

 

【まとめ】

人と人の関係が希薄になりつつあり、家族の間にもその希薄さが、ただよい始めている時代に元は他人である夫婦が、
表面的な愛で夫婦の姿をどれだけの時間、世間にさらしていけるかというドラマですが、 こんな夫婦は結構いそうですが、遊川さんのドラマ展開では、ハッピーエンドになりそうですね。回を重ねるごとにヒロの性格が変わっていくような気がします。天海祐希さんが、どのようにヒロを演じるか見物ですね。

本当のパートナーの形はどんなものか。新しい夫婦の形を問う物語です。

ドラマ『偽装の夫婦』(日テレ)は、10月7日よる10時スタートです。

 

二つの依頼を無事に大杉良太は解決することができるのか?
→ MOZUドラマスピンオフあらすじネタバレ2つの依頼はぞっとする内容

Sponsored Link

今月の人気記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気の投稿画像

ページ上部へ戻る