長谷川博己ドラマ2017 tbs『小さな巨人』キャストあらすじ

10001

2017年4月16日・日曜よる9時スタートのドラマ『小さな巨人』について書いていきます。

 

【ドラマの設定】

このドラマは、警視庁と所轄の確執、警察内部の戦いを描く構図で展開されます。

 
いわゆる、警視庁ノンキャリでたどり着くことの出来る最高峰は、捜査一課長です。

 

このポストを目指し、巨大組織の中でもがき、奮闘する男たちの戦いを描くエンターテインメントです。

Sponsored Link

東京都内で発生する刑事事件は多く、所轄で解決していくが、中では所轄では手に負えない重大事件が発生した場合。

 

その現場警察官の頂点に立ち、捜査の全権力を掌握し、指揮命令する指揮官が「捜査一課長」です。いわゆる、ノンキャリ最高峰のポジションが、「捜査一課長」です!

 

そのノンキャリアの最高ポジションになるには、昇任試験を受け、倍率何十倍もの競争に勝ち残らなくてはなりません。

 

しかし、試験の成績が良いだけでは昇任できず、上司から得られる日頃の勤務評価が加算されるため、上司から可愛がられなくては出世できません。

 

ドラマでは、謎解きを重視した今までの警察ドラマとは違う“リアルな警察内部の人間関係を中心に描いていきます。

 

【キャスト】

香坂真一郎 役 : 長谷川博己さん
刑事としての使命・本当の正義に悩みつつも、自分の“正義”を信じ、“悪”と対峙していく

 

ここで長谷川博己さんのプロフィール

1977年3月7日生

 

身長182 cm かなり長身ですね。今回の警察官役でも人気が出そうです。

 

血液型A型

 

2010年ヒラタオフィス

 

中央大学文学部卒業。大学在学中はマガジンハウスでアルバイトをしていたそうです。

 

2001年に文学座附属演劇研究所に第41期生として入所。2006年に退座

 

2010年放送のNHKドラマ『セカンドバージン』で注目されました。

 

2011年テレビ東京『鈴木先生』でテレビドラマ初主演

 

2011年日本テレビ『家政婦のミタ』で優柔不断でダメな父親役を演じて一気に注目されます。

 

2016年東宝『シン・ゴジラ』で、内閣官房副長官・矢口蘭堂役で主演。そして今回『小さな巨人』で主演

 

山田春彦 役 : 岡田将生さん
捜査一課長を目指す刑事山田は東京大学法学部を卒業後、警視庁に入庁する。捜査一課長
を目指す。

 

渡部久志 役 : 安田 顕さん
香坂の異動先の所轄で同僚となる現場叩き上げの刑事自身の正義に対して決して揺るがない男。香坂と衝突する。

 

小野田義信 役 : 香川照之さん
主人公・香坂の刑事人生を大きく変える捜査一課長。高卒のノンキャリ叩き上げから、事件現場の最高指揮官である捜査一課長までのぼりつめた。

 

三笠洋平 役 : 春風亭昇太さん
前捜査一課長で警察署長。香坂を可愛がる。

 

三島祐里 役 : 芳根京子さん
人事課に配属された新人職員

 

LEADERS Ⅱあらすじネタバレとキャスト・ロケ地

 

【相 関 関 係】

香坂(長谷川博己さん)が、捜査一課長を目指したのは、万年所轄刑事だった父・敦史のため、妻・美沙のため、そして自分のためだった。

 

ある日、取り調べの際にひとつのミスを犯してしまい、これまで自分を評価してくれていた捜査一課長・小野田(未定)の証言により、所轄へと左遷させられてしまいます。
 

Sponsored Link

小野田(未定)が、対立する前捜査一課長・三笠(春風亭昇太さん)のお抱えである香坂(長谷川博己さん)を自分の部下に引き入れたのは優秀な道具と認めたからである。

 

だが、そんな香坂が左遷される要因となる証言をしたため2人の関係に亀裂が生じます。

 

香坂ら警察官たちが目指す最高峰のポジションは、小野田の手に握られている。小野田は、香坂にとって最大の敵になっていくのでしょうか。

 

湊かなえ原作ドラマ『リバース』キャストあらすじネタバレ

【第1話あらすじ】

警視庁捜査一課強行班1係長の香坂(長谷川博己さん)は、今年三度目の捜査本部事件を解決する活躍をみせていた。

 

その祝勝会と称して、前捜査一課長で今は所轄の署長をしている三笠(春風亭昇太さん)と料亭で会食していると、どこで聞きつけたのか現捜査一課長・小野田が現れる。

 

三笠(春風亭昇太さん)と小野田(未定)は優秀な部下の香坂を評価しているという共通点はあるが、互いの捜査理論の違いから腹の底ではいがみあっている。

 

会食を終えた香坂は、料亭の前で中小企業の社長・中田隆一の飲酒運転を目撃して取り調べた際、偶然、隆一の車を傷付けてしまう。

 

すると翌朝、大手ニュースサイト・ゴーンバンクの見出しに“飲酒状態の刑事、車を破損”と記事が掲載されていた。

 

香坂は警察官による不正を調査する監察官・柳沢(手塚とおる)に呼び出され、飲酒状態で取り調べをしたのではないかと問いただされる。

 

黙秘を続けるが、上司にあたる小野田が呼び出され、飲酒していたことを打ち明けられ、警察の名誉を傷付けたとして所轄への異動を命じられてしまう。

 

香坂が署にやってくると、日本経済のトップに立つIT企業ゴーンバンク社の社長・中田和正が誘拐される事件が発生する。

 

誘拐犯は“身代金10億円を用意しろ”と要求。捜査一課の時と同様に捜査をしようとする香坂であったが、これまで部下であった

 

警視庁捜査一課長付運転担当・山田(岡田将生)に「所轄は後方支援。現場は本庁に任せてください」と釘を刺される。

 

香坂のもとに残されたのは、問題だらけの所轄刑事のみ。彼は窮地を脱し、捜査一課に返り咲くことはできるのか!?

 

【コメント】

<長谷川博己さん>

警察組織を舞台に、人間の出世欲や権力欲、正義とはなにか、を描いた完全オリジナル作品です。

 

事件ものの刑事ドラマの枠にとらわれることなく観る方々それぞれの心に何かを残す普遍的な作品になると思います。

 

数々のヒット作品を送り出したスタッフの皆さんと様々なジャンルの出演者がどのような化学変化を起こすか、私自身も楽しみでなりません。

 

<岡田将生さん>

今回、初めてTBSの連続ドラマに出演させて頂きます。僕が演じる山田という役は、誰かを蹴落としてでも上に登り続けることしか頭にない、向上心の塊みたいな人間です。

 

冷静かつ、寡黙なその顔が表の顔なのか裏の顔なのか、キャラクターを含め物語がすごく気になります。

 

今まで演じたことがない役なのでとても楽しみですし、この役と共に長谷川さんに真正面から衝突していきたいと思っております。気合い充分です!絶対に面白くなるので、是非、ご覧ください!

Sponsored Link

今月の人気記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気の投稿画像

ページ上部へ戻る