黒い看護婦 あらすじネタバレ モデルとなった事件は福岡で起きた

無題1987

2月13日(金)22時放送の
SPドラマ「黒い看護婦」について書いていきます。

この作品は、2002年に世間を震撼させた、元看護師の女性4人が起こした保険金殺人事件が基になっています。

→ドラマ「黒い看護婦」公式サイト

原作は、森功さんの黒い看護婦―福岡四人組保険金連続殺人(新潮文庫)です。命を救う立場の看護師がその知識を悪用し、保険金をかけた仲間の夫を

Sponsored Link

連続して殺害するというこの事件は、小説(新潮文庫)にもなっており、今回のドラマでは4人それぞれの視点からみた事件の経緯が描かれます。

 《キャスト》

田中直子 役(大竹しのぶさん)
看護専門学校で出会った3人の弱みを握り、「トラブルを解決する」と言って金を巻き上げ、自分に完全服従させて犯罪の道へ引き込む、いわば“モンスター”というべき強烈なキャラクターを持つ女性。

139957 300x197 黒い看護婦 あらすじネタバレ モデルとなった事件は福岡で起きた

秋川美奈子 役(寺島しのぶさん)
直子の小学校の同級生で、看護専門学校で再会しその後直子の最初のターゲットとなる。

真面目で優秀な看護師であったが、直子の架空話にだまされて依存するようになり、特殊な関係を結んでしまうことになる。自分を誰かに委ねていないと生きられない女性。

村井香澄 役(坂井真紀さん)
病院でトラブルをかかえていたところを、直子に処理してもらうも、後に直子の言葉に騙されて自分の夫を殺害することになる女性。

安藤康子 役(木村多江さん)
夫が浮気をしているとそそのかされ、香澄と同様に自分の夫を殺害することになる。後に逮捕されるきっかけとなる女性。

《あらすじ&ネタバレ》

福岡県久留米市の田園地帯のある一軒家がありました。ある日の夜、田中直子、秋川美奈子、村井香澄の3人は、軽自動車に乗ってその家を見つめていました。

しばらくして、もう一人の仲間である安藤康子に呼ばれ、3人はその一軒家に入っていきました。そして、眠っている男性の鼻に医療用のチューブを

挿入してウイスキーを流し込み、静脈に空気を入れていきます。心臓の動きが止まったことを確認した3人はその家を後にします。なんとその家は、

康子の実家であり、殺された男性は康子の夫・安藤敦(寺島進)でした。直子・美奈子・香澄・康子の4人は、10代のときに看護専門学校で出会い、

卒業し、それぞれの道を歩んでいました。美奈子は、28歳のときに直子と再会するのですが、ちょうどその頃、男性関係に悩み心身ともにボロボロの状態でした。

美奈子は、直子からいたわりの言葉をかけられ、心を開いていきます。直子は、美奈子に知り合いの社会的影響力の強い先生に依頼して

男性関係のトラブルを解消してあげると持ちかけます。そのための費用を美奈子からだまし取る一方、美奈子と周りの人間関係を悪くし、

徐々に自分に依存するような関係を築き上げていきます。やがて2人は同棲するようになり、ついに美奈子は強制的に直子の同性愛の対象にされてしまいます。

かなりの泥沼に引きずり込まれていますね。もっと、さわやかな映画が好きな方は、映画『くちびるに歌を』がおすすめです。

→映画『くちびるに歌を』甘酸っぱい青春時代に浸れる

また、直子は香澄が以前、後輩の看護婦をいじめた結果、その看護婦が婚約破談になってしまったという話を聞き、その看護婦が香澄に損害賠償を請求しようとしているといって騙します。

そして、自分がこのトラブルを解決してあげると持ちかけ、費用をだまし取った後、トラブル解消をしたことで恩を売り、徐々に美奈子と

同様に自分に従属するよう手なずけていきました。また、康子に対しては、彼女が夫の浮気を疑っていると知り、浮気相手の女性と分かれるよう

自分が交渉してあげると持ちかけ、それにかかる費用をだまし取ります。またもやトラブル処理をきっかけに康子を自分の支配下に置いていきます。

この3人に共通するのは、自分でトラブルなんて解決できない。誰か助けてという依存心の強さだと思います。

そして、弱みを握られた3人は、殺人事件にまで荷担することになります。最初の事件は、香澄の夫が、香澄を殺そうとしているという嘘を

Sponsored Link

吹き込み、「殺される前に殺すしかない」という理屈で殺人を犯します。次に康子には、夫が浮気相手の女に貢ぐために、あこぎな事をしている。

もはや殺すしかない」と用意周到な方法で夫に対して殺意を持つようにそそのかします。まさに転落していく彼女たちの人生を見ることになるわけですが、

なぜ直子は、これほどまでに冷酷でいながらも、人を手玉にとれるような人間になったのでしょうか。

それには直子の母親が、直子の生い立ちに大きな影響を与えていたことも見逃せません。直子は高校時代に、

「妊娠したので中絶費用が必要になった」と、うそをつき、同級生達からカンパ金をだまし取ったという事件を引き起こしました。

それが、成功してしまったため、再度、同じ方法でお金をだまし取ろうとした結果、学校に発覚し、他の高校に転校を余儀なくされます。しかし、

この事に対し、直子の母親は、「高校は退学になんかなってなかですよ。停学処分なんかも受けていません。よう覚えとらんですけど、ああしてお金を取ったんは、

直子だけじゃなかったと聞いています。三人でやったと直子は言っていました。いずれにしても、高校はちゃんと卒業しています」 と、悪びれもせずコメントをしました。

このような親の姿を見ることで何を言われても素直になれず、強行に自分の思いを通す性格になり、犯罪へと足を踏み入れやすい環境ができてしまうのでしょうか。

事件が発覚し、その全容が分かります。直子は、3人を思う通り操って生命保険などで手にした金額(実に約二億円!)を使い、久留米市内の高級マンションに住み、

他の3人も同じ棟の最上階のプライベートルームを所有していました。しかし、康子が身内に相談をしたことから、全員逮捕されることとなります。

逮捕後も、直子は留置場で食事を運ぶ配膳係をたらしこみ、他の3人と密かに手紙で連絡を取るのに成功します。このことからも直子が人を騙し、

支配下に置くという能力がとても高かったことが分かります。きっと、彼女は人間の弱みを瞬時に嗅ぎわけることができるんですね。相手の弱みをつかみ、

そして、そこを徹底的に責めていくことで、人間は簡単に支配できることを経験を積んで学んだのでしょう。

同じく女性が金に迷って起こした実在の横領事件を映画化したものがあります。観て比較してみてはいかがでしょう。

→宮沢りえ主演 映画『紙の月』モデルとなった銀行横領事件とは

実際の事件は、2002年に起きた福岡久留米看護師連続保険金殺人です。

吉田純子・堤美由紀・石井ヒト美・池上和子の四人は看護師で、医学知識を悪用して保険金殺人を企てた。

1998年に池上の夫を、その翌年には石井の夫を殺害し、保険金を詐取した。主犯は吉田で、他三人は彼女の言うなりで犯行に荷担した。

2004年の一審で吉田に死刑判決、堤に無期懲役、石井に懲役17年の判決が下る。池上は、判決前に拘置所で病死。子宮ガンだった。

三人は控訴したが棄却され、堤、石井の刑は確定。2010年、最高裁で吉田の死刑が確定した。

この事件が、世間の注目を集めたのは、犯人が女性四人組であり、しかも、全員が看護婦であること。また、事件の被害者がそれぞれの夫であり、

他3人が主犯格の女性に従属しているという不思議な関係にあった事があげられます。

犯罪私的メモより

→事件の詳細はこちら・犯罪私的メモ

人間は、ほんのちょっとしたことで簡単に道を踏み外すものだという事が怖いくらいに感じとれるストーリーです。人間の中に潜む悪、弱さ、頑なさ、もろさにゾッとします。

ここまで人間は愚かになれるのかとも感じますが、一筋縄ではいかないこの実際の事件を基にした作品からきっと目が離せなくなること間違いなしです!

Sponsored Link

今月の人気記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気の投稿画像

ページ上部へ戻る