二階堂ふみ 過激な演技『日々ロック』で見せた凶暴さは本物か?

二階堂9

映画『日々ロック』に出演している
二階堂ふみさんについて書いていきます。

『日々ロック』での彼女の凶暴な演技が評判になっているので、二階堂ふみさんについて調べてみました。

彼女は、12歳の時に沖縄の雑誌『沖縄美少女図鑑』でグラビアでデビューしています。

グラビア写真が、芸能マネージャーの目に留まり、スカウトされました。

その後、雑誌『ニコラ』のモデルを務め、ファッションモデルとして広告への露出が多くなり、ドラマ『受験の神様』で女優デビューを果たしました。

音楽ドラマ『キミに歌ったラブソング』で初の主演を勤め、役所広司監督の『ガマの油』でヒロインを射止めました。

沖縄から高校進学を機に上京し、映画『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まない』では、高崎映画祭最優秀助演女優賞とTAMA映画最優秀新進女優賞とをW受賞。

Sponsored Link

以下、受賞歴
第68回ヴェネツィア国際映画祭では、最優秀新人賞を受賞、日本人初の快挙です。
第36回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞
第35回ヨコハマ映画祭および第56回ブルーリボン賞にて助演女優賞を受賞
かなりの実力派の若手女優さんです。

沖縄ゴザ高校中退し、上京します。東京都立八潮高校卒業、大学受験のため、撮影多忙の中、現場にも参考書を持ち込んで受験勉強するなどの頑張り屋で、その努力が報われ、

Sponsored Link

2014年、一浪後、慶應義塾大学総合政策学部にAO入試ながら合格を果たしました。

二階堂ふみさんの演技力は、他の女優さんと比べると明らかに違い別のキラメキを感じます。

自然に個性が強い役所が回ってくるようです。映画『渇き』では、刺激的・衝撃的演技を披露しました。

二階堂ふみさんの演技力は、数々の受賞を見ても分かる通り、とても高い評価を得ています。

役作りでも本気になるらしく『ヒミズ』では、役になりきりすぎて、相手役の染谷将太をほんとに好きになってしまったとか。

e186f5118f0453c4418fc9032135da75 二階堂ふみ 過激な演技『日々ロック』で見せた凶暴さは本物か?

また、生田斗真に首を絞められるという演技では、本当に失神してしまったらしいです。正に迫真の演技です。

『私の男』でも、流氷漂う零下の海に身を沈めて演じるなど、役のためなら、なんでもするというスタンスです。

また、二階堂ふみさんは、宮崎あおいさんと、よく似ていると言われます。

本人は、宮崎あおいさん似と言われるのは嫌なようです。「向こうが私に似ているのよ」と、言いたいのでしょう。

そんな二階堂ふみさんには、性格が悪いと言う噂があります。本当でしょうか?

沖縄での小学校時代では、いじめにあっていたらしいです。

その分、人の痛みが分かるようになった。

その原因は、自分の考えをしっかり持っていて、他に迎合しない生き方のため、周りからは、異質と見られ馴染めず打ち解けないと、いう事に。

彼女の発言からもそれが、伺えます。

「私は、ハリウッド女優になりたいわけではなくて、宇宙規模で生きたいですよね。」
「私はどこにいってもシックリこない。」
「キラキラした女子的なノリはあんまり好きじゃないです。」

さらに二階堂は厳しい減量を監督から指示されたといい

「成長期だから全然痩せないし。『早くこの現場終われ』って思ってた」
と毒舌をはいたらしいです。
「お米食べられないし甘いの食べられないしなんだよって」と恨み節。
数キロ体重を減らすなど、役になりきる努力をしたようです。
監督は、「二階堂さんには一番、死ねって思われてた。『殺す殺す』って目で見られてました」と恐縮したと言います。

監督が恐縮するくらいの毒舌っぷり。性格なんですよねこれ。大物女優になる素質ありですね。
映画『日々ロック』で見せる凶暴さも役作りの熱心さから出たものなんですね。

そんな二階堂ふみさんは、素晴らしいですね。

最近話題となった映画「私の男」では、浅野忠信さんと、「父娘の歪んだ愛」を、

また、NHK大河ドラマ軍師官兵衛では、茶々役を好演しています。どちらも何か陰のある役作りですが、明るさも似合う女優さんだと思います。

ひとつのキャラに固執することなく、今後は、いろいろな役に挑戦して芸の幅を広げてほしいですね。

今後の活躍に期待したいです。

Sponsored Link

今月の人気記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気の投稿画像

ページ上部へ戻る