大島優子 ドラマ ヤメゴク あらすじ 主人公のタンカがすごい!

キャプチャ297689

4月16日よる9時スタート

ドラマ『ヤメゴク』のあらすじ・相関図について書いていきます。

 

この作品は、「暴力団離脱者相談電話」通称、“足抜けコール”を舞台にした新しい警察ドラマです。

国民的アイドル大島優子さん主演というだけで、面白そうなドラマになる匂いがぷんぷんしますね!また、今作のコミカライズ作品として、

 

櫻井さん脚本、関口太郎さん漫画による同名作品の連載が『ヤングエース』2015年4月号より開始されています。

→ドラマ『ヤメゴク』公式サイト

Sponsored Link

《キャスト》

永光麦秋 役(大島優子さん)
常に冷静だが、性格はきつく、影のある女性警察官。ヤクザを憎んでいるが、ヤクザをやめた男の就職先を世話する足抜けコールを担当する。

三ヶ島翔  役(北村 一輝さん)
マルボウから“足抜けコール”に異動してきた刑事。

 

佐野直道 役(勝地涼さん)
「暴追センター」の暴追アドバイザー

 

永光 遥 役(本田翼さん)
麦秋の妹。看護婦として働いている。

 

刑事もののハラハラを持続したい方は、映画『ソロモンの偽証』がおすすめです。4月11日法廷編公開です。
→『ソロモンの偽証』あらすじとネタバレ!結末や登場人物は?題名の意味も

 

 《あらすじ》

今作のタイトル、ヤメゴクだけを聞いても、いまいちピンときませんよね?

 

物語は、警視庁組織犯罪対策部(通称マル暴)におかれている「暴力団離脱者相談電話」=“足抜けコール”を舞台としています。

 

つまり、ヤクザをやめるという意味なんです。この組織は実際に存在していて、平成4年に施行された『暴力団員による不当な

 

行為の防止等に関する法律』の流れの中で、政治家や警察官僚からの指示により生まれました。その“足抜けコール”の仕事を担当する

 

警察官が、主人公の永光麦秋なんです!常に冷静沈着に行動する彼女ですが、性格は基本的にブラックなため、思ったことは口に出してしまい、

Sponsored Link

 

周囲との関係が、ギスギスしてしまいがちです。しかし、実は天然な一面もあり、皆からはバクちゃんと呼ばれています。

 

“足抜けコール”に連絡があると、担当者が本人とコンタクトを取って保護します。一度その世界に足を踏み入れた人は、実はそこから

 

離れる事がとても難しいのです。一般社会に戻りたくても、所属していた暴力団や組の者に妨害されたり、最悪の場合、命を奪われることもあるそうです。

 

そのため麦秋は、保護対象者が離脱する際、二度と組織から妨害されないように、自分の身ひとつで立ち向かい「一筆、頂戴致します!」と

 

念書を取りに行きます。しかし、本来なら「足抜けコール」担当者は、離脱希望者から事情を電話で聞き、意思確認するまでが仕事で、

 

それ以降は、「暴追センター」の暴追アドバイザー・佐野直道が,行うことになっているにも関わらず、なぜか麦秋は佐野より先回りして

 

暴力団に乗り込むため、マル暴の仲間達を困らせます。同僚の佐野はイケメンで交渉力も抜群、後々麦秋とは協力関係になっていきます。

 

なぜかとてもヤクザを憎んでいる様子の麦秋ですが、予告では喪服姿も披露していることから過去に何かトラブルがあったのではと推測できます。

 

ある日、「足抜けコール」に三ヶ島翔という刑事が異動して来ます。翔は元マル暴担当の刑事で一見、リーゼントの強面。

 

しかし、実は性善説を信じているほど、心根の優しい人でした。でも、いざとなると、途端に弱腰になってしまう一面もあります。

 

ヤクザや離脱相談者を徹底的に「クズ」呼ばわりする麦秋とは意見が合わず、二人の間には、いざこざが絶えません。新たな離脱希望者から

 

電話が入り、話を聞くと彼は、「関東貴船組」に所属しており、組の十五代目組長・橘勲(遠藤憲一)には既に詫びを入れたと言うのですが、

 

離脱できそうにないと相談してきました。どんなに巨大な敵であろうと威勢よく啖呵を切り、情け容赦なく叩きのめす麦秋の出番です!

 

どんな展開になるのでしょう。大島さんはAKBを卒業後に出演した映画「紙の月」で、ヨコハマ映画祭助演女優賞などを受賞し、

 

ドラマ「銭の戦争」でもヒロインを演じていますが、連ドラの主演は今回が初めてとなります。今作では。いつもの印象的な笑顔を封印し、

 

身ひとつで暴力団に立ち向かう女性を演じますが、めきめきと演技力が上達している彼女が、どのように麦秋という女性を演じるのか期待できますね。

 

劇中では、本格的な武術も披露してくれるそうです!そして、気になる劇中でのスタイルですが、ヘアスタイルは”オンザ眉毛で前髪ナナメちゃんです!

 

ちょっと個性的な女性像になりそうですね。ちなみに春ドラマなのに、主人公の名前が”麦秋”なので、季節がずれているように感じてしまいますが。

 

麦秋とは実は初夏の季語なんだそうです。春から初夏にかけての放送なので、ぴったりなんですね。主人公の名前にもこだわりがあるのですから、

 

劇中でも様々なこだわりのシーンを見ることができそうです。

 

刑事ものもいいけど、女同士のドロドロした展開が好きな人は、ドラマ『マザーゲーム』がおすすめです。
→マザーゲーム ロケ地 あらすじネタバレ セレブママたちは変わるか?

Sponsored Link

今月の人気記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気の投稿画像

ページ上部へ戻る