小貫智恵の就職先は『HERE’S(ヒアーズ)』と判明!将来の夢はブランドプロデュース?

31

テラスハウスに出演し有名になった、小貫智恵さんの就職先が目撃情報によってついに明らかになりました!
「ちーちゃん」の愛称で親しまれている小貫智恵さんですが、テラスハウスには2014年1月〜3月まで出演していました。

そのころのテラスハウスの女性陣は、永谷真絵さん(まいまい)や住岡梨奈さん(りなてぃー)、筧美和さん(みーこ)など
芸能人ばかりでした。

小貫智恵さんは一般人ながらも彼女の裏表のない性格と素敵な笑顔で一気に人気者になりました。

そんな彼女なので、テラスハウス卒業後も就職先など視聴者の関心の的になっていました。
テレビでは、『就職先はアパレル関係』ということ以外の進路は口にしなかったので、
ネット上ではいろいろな憶測が立っていました。(ほとんど間違っていますが…)

Sponsored Link

 

就職先は『HERE’S』(イトキン株式会社)と判明!

4月入社の社会人はこの春から働き始めます。

小貫智恵さんもその1人であり、『HERE’S』というアパレルで店員として接客しているところが目撃されています。

  千葉県船橋市の「ららぽーとTOKYO-BAY」の南館1Fの『HERE’S』で働いているようです。 『HERE’S』はイトキン株式会社の展開ブランドなので、イトキン株式会社に就職しているようですね。   イトキン株式会社は「a.v.v(アー・ヴェ・ヴェ)」や「MICHEL KLEIN」などのブランドも展開している大手アパレルです。 現在はここの社員として『HERE’S』で一年間の研修を受けているのとのことです。   テラスハウスという人気番組に出演していたので、 店員として接客しているのであればすでに多くの人が気づいているでしょうね!   小貫智恵さんのファンであっても 仕事中に写真をお願いしたり、テラスハウスのことを聞いたり して迷惑をかけるようなことは絶対にやめましょう!   でも、春から社会人とわかっていたのに なぜ小貫智恵さんはテラスハウスに出演したのでしょうか? 実は、テラスハウスに出演したことは彼女にとって大きなメリットもあるのです。

 

<テレビ出演の理由は?将来の夢はブランドのプロデュース!>

小貫智恵さんはテラスハウス初登場の際に 「社会人になる前に、大学最後の想い出として出演した」 ということを言っていました。 これは本当だと思いますが、もしかしたら他にも理由があったかもしれません。
Sponsored Link

小貫智恵さんはテラスハウスに第72話で、

「将来はブランドをプロシュースしたい」

とてっちゃんと話していました。
また、卒業のメッセージではこんなことも言っていました。

 

『つぎ会うときは”キャリアウーマン”の智恵ちゃんで…』

 

小貫智恵さんが仕事に対して強い思いをもっているのがわかります。
ブランドのプロデュースというのは、同じテラスハウスの出演者である今井華さんも手掛けています。

 


33 300x163 小貫智恵の就職先は『HERES(ヒアーズ)』と判明!将来の夢はブランドプロデュース?

 

このように芸能人がブランドをプロデュースすることは多いです。
これは有名な人がプロデュースしたほうが、ブランドのイメージが湧きやすいからです。

 

なので、小貫智恵さんがブランドを任されたときに

「テラスハウスの小貫智恵」

であった方が世間に受け入れられやすいのです!

 

特に小貫智恵さんはテレスハウス出演中に恋愛をしていませんし、
視聴者に反感を買うようなこともしていません。
「可愛くて良い人」のまま卒業したのは本当にすごいですね。

 

アパレルという業界で働く以上は、
テラスハウス出演は彼女にとって非常に強い武器になります。

 

もちろん自身の実力が一番大事ですが、
同僚と同じ能力であった場合、彼女のほうが仕事を任されやすいでしょう。

 

実際、彼女の働く『HERE’S』にはすでに
テラスハウスのファンの女子高生などが訪れています。
最初は彼女目当てでも、そこで服の魅力に気づき
お客さんになってくれればお店は嬉しいですよね!

 

もちろん、そこまで彼女が考えて行動していたわけではないと思いますが、
仕事をする上では良いことも多そうです。

→先駆け映画通信トップはこちら

テラスハウスは過去の出演者も時々登場するので、
今後仕事で活躍している小貫智恵さんの姿がテレビで見れるかもしれませんね♪
【関連記事】
→マントル一平がつまらないと言われる原因と好感度を上げる方法を考えてみた

Sponsored Link

今月の人気記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気の投稿画像

ページ上部へ戻る