リスクの神様の原作はなくオリジナル堤真一の危機管理がすごい!

リスク12

7月水曜日よる10時スタート
ドラマ『リスクの神様』のあらすじネタバレについて書いていきます。

近年、偽装、隠ぺい、不正利益供与、粉飾決算、個人情報流出など企業の不祥事や、個人間のトラブルが多くなり、大企業とて一度起こると情報を消し去ることは困難な時代です。たった一度の失態が、企業や個人への信頼を失墜させてしまうこともあります。

 

→ドラマ『リスクの神様』公式サイト

ドラマ『リスクの神様』は、そんなトラブルを起こした企業や、個人、その家族を救う、危機管理の専門家の物語です。

 

企業ものもいいですが、話題の恋愛から驚愕のミステリーへと変貌する映画などは、いかがでしょう。
→イニシエーションラブ あらすじやネタバレ 謎をとく鍵はWニ股!!

Sponsored Link

《キャスト》

西行寺智 役(堤真一さん)
かつてアメリカのGE社や政府関連の危機管理に携わり、数々のトラブルを解決、業界内で“the God of risk”(リスクの神様)とウワサされる伝説の危機管理専門家で、日本最大の商社・サンライズ物産の危機対策室長として雇われることとなった主人公・

 

神狩かおり 役(戸田恵梨香さん)
西行寺が雇われたサンライズ物産の女性総合職。東大卒の入社10年目で、電機部門を担当し、新バッテリーを開発するが発火して出世コースから外れる。帰国子女で、数ヵ国の言語を扱えるマルチリンガル。契約を取るためならどんな事でもする女。

30656190 リスクの神様の原作はなくオリジナル堤真一の危機管理がすごい!

結城実 役(森田剛さん)
西行寺智の頼れる右腕として活躍する危機管理コンサルティング助手。

Sponsored Link

《あらすじやネタバレ》

『リスクの神様』西行寺智は、アメリカのGE社や政府関連の危機管理に携わり、数々のトラブルを解決し、業界内では“the God of risk”(リスクの神様)と呼ばれている伝説の危機管理専門家です。その能力を見込まれ、会社内外や取引先とで起こるトラブルやスキャンダル対策のためににサンライズ物産が「危機対策室長」として迎えます。

 

《すごいキャリア》

彼は、大学から単身アメリカへ渡り、数々の職業を経験する中で弁護士資格を取ります。そして、大手弁護士事務所で企業トラブルの対応に携わります。その後、危機管理専門家として独立します。法律からスポーツ、ミサイルから科学まで幅広く豊富な知識を持っています。

 

性格は我が道を行く主義で非常に慎重、目的のためなら手段を選ばない男でもある。また、相手のペースをコントロールし、いつの間にか、自分のペースに誘い込むことに長けていました。「危機は100%回避することはできない」「危機に陥った時、たった一つのものしか守ることはできない」「危機こそがチャンス」等としっかりとした持論を持ち。

 

《敗れた女》

トラブルに直面してオタオタしている人を励まし鼓舞して、権力に立ち向かい、個人よりも会社を救うことを主として行動します。リスクの神様と言われる伝説の危機管理専門家の男と、順風満帆にキャリアを積み上げてきたにも関わらず、突如出世争いに敗れてしまった女。

 

さまざまな伏線が複雑に張り巡らされているようです。いくつもの話が最後に一つにまとまっていくようです。これは、毎回、目が離せませんね。登場人物同士のクールな掛け合いで息もつかせぬ展開を見せる、本格的社会派ドラマは、どのような結末見せるのでしょうか!! 楽しみです。

 

これからもドラマの感想や展開をお伝えしていきます。

イケメン斎藤工さんのアクションが光る。忍者ものはどうでしょう。

→斎藤工 虎影のあらすじやネタバレスタントなし殺陣アクションすごい

Sponsored Link

今月の人気記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気の投稿画像

ページ上部へ戻る