斎藤工 ドラマ 医者 あらすじネタバレ 斎藤×石田をそっとハグ!!

キャプチャ7889989

4月9日よる10時スタート
ドラマ「医師たちの恋愛事情」あらすじとネタバレについて書いていきます。

 

この作品は、大学病院を舞台にしたオリジナル脚本の医療×ラブストーリーが融合したストーリーです。

医療ものにはめずらしい、”恋愛”を前面に出した内容です。

 

演出には、あの人気医療ドラマ「医龍」を手がけた田中亮さん、本格的な医療ドラマとしても楽しめそうですね!

 

→ドラマ「医師たちの恋愛事情」公式サイト

Sponsored Link

《キャスト》

守田春樹 役(斎藤工さん)365日24時間、患者を救うことだけを考えて生きてきた外科医。江洋医科大学附属病院の第一 外科に勤め始める。

5f4d741d0d3379090034f06ad619264f 斎藤工 ドラマ 医者 あらすじネタバレ 斎藤×石田をそっとハグ!!

近藤千鶴 役(石田ゆり子さん)
春樹と同じく仕事一筋の人間であり、いくつもの婚期を逃してきた42歳、外科医。

 

高橋宗太郎 役(平山浩行さん)
春樹をライバル視し、恋愛となると誰彼構わず手を出しまくるという手クセの悪い、セックス依存症の外科医。

 

河合奈々 役(相武紗季さん)
シングルマザーの麻酔医。再婚相手を探している肉食女子。

 

医療ものより、ハラハラした学園ものが観たい人は、映画『ソロモンの偽証』がおすすめです。4月11日法廷編公開です。
→『ソロモンの偽証』あらすじとネタバレ!結末や登場人物は?題名の意味も

《あらすじ》

正義感が強く心の優しい外科医、守田春樹(斎藤工さん)は今年35歳。もっと自分の腕を磨きたい、と江洋医科大学附属病院で第一外科准教授として

 

働く先輩の仁志祐介(伊原剛志さん)に相談し、同病院を紹介されます。尊敬する先輩も在籍しているので、移籍することを決心します。

 

ホテルで仁志と会っていた春樹が帰ろうとすると、ホテル内の披露宴会場で来客のひとりが吐血して倒れて大騒ぎとなります。春樹が、

 

現場に駆けつけてみると、そこでは既に披露宴に出席していた江洋医科大学附属病院の外科医・近藤千鶴(石田ゆり子さん)が処置にあたっていました。

 

しかし、担当する患者の容体が急変したとの連絡が入り、どうすればいいのか考えていた千鶴に、春樹はここは自分が引き継ぐので

 

早く病院に戻った方が良いと申し出ます。千鶴は、少しの間迷っていましたが、春樹にその場を任せることにして病院へと急ぎました。

 

翌日、江洋医科大学附属病院を訪れた春樹は、偶然千鶴と再会したため、昨日の処置は無事終えた事、これから自分もこの病院で働く事になったことを伝えます。

 

カンファレンスルームでは、麻酔医の河合奈々、第一外科講師の高橋宗太郎(平山浩行さん)、千鶴の親友でもある内科医・市川友子(板谷由夏さん)らスタッフの前で、

Sponsored Link

 

病院の経営本部長・渡辺幹夫が不貞行為を働いた医局長を退職させたことを報告していました。経営に負の影響を与える要因になるため、

 

今後は院内の恋愛トラブルに厳しく対処していくと宣言します。売り上げ第一主義の渡辺は、患者のことよりも費用効率ばかりを考えているため

 

後々、患者に寄り添う側の春樹とは対立をしていくことになります。春樹は、先輩医師である大根良太(三宅弘城さん)から、

 

紹介状を持った患者が訪れた場合は、書いてあること以外は診るなとの忠告を受け、さっそく外来患者の診察にあたるよう指示されます。

 

しかし、訪れた患者の話を聞いた春樹は、その患者のためを思うばかりに、自分の判断で帰してしまいます。せっかくの紹介なのに、

 

株を上げる機会を失った出世欲の強い大根は、そのことで春樹と衝突することになってしまいます。これ以降も彼は、利益と権威を第一優先とする

 

旧態依然とした大学病院の体制に反発していくこととなります。そんな折、春樹は、千鶴の担当患者で、間もなく退院予定だった三浦が、

 

体の不調を訴えていることを知り、千鶴に追加検査をしてはどうかと申し出ます。しかし、千鶴から一人の患者に時間をかけて寄り添いたいのなら

 

元の病院に戻った方が良いと言われてしまいます。納得のいかない春樹は、千鶴を説得しようとしますが、彼女には彼女の言い分があり、

 

意見を戦わせていくなかで、二人はお互いのことを意識しはじめるようになっていきます。

 

ここからは、ネタバレとなります。

《ネタバレ》

これまで「恋より仕事」で生きてきた二人でした。千鶴もいくつか結婚の話も出ていたのに、鉄の女と呼ばれるほど仕事を優先させてきたため現在も独身でした。

 

春樹も患者・仕事を優先してきたため、恋愛の仕方すら忘れていたのですが、千鶴の魅力に惹かれ徐々に距離を縮めていこうとします。

 

しかし、同じ外科に勤める高橋宗太郎は、女性とみると見境なく手をだす困った男のくせに、千鶴に好意を抱いていたため距離を

 

縮めていく春樹をライバル視します。しかし、千鶴は、宗太郎には興味がなくつれない態度をとるばかりです。そんな宗太郎に好意を持っていたのは、

 

シングルマザーの麻酔医・河合奈々でした。再婚相手を探していた奈々は、実は私立病院の御曹司である宗太郎に目をつけていたため、

 

千鶴に好意を見せることが面白くありません。果たして彼らの恋愛は、どのように展開していくのでしょうか。石原さとみ主演の

 

ドラマ「ディアシスター」では優しくて誠実なカフェの店長役を演じていた平山浩行さんが、今回はなんとセックス依存症の外科医を演じるということで、

 

その豹変ぶりにも注目です!脱ぐ予定で準備しています、との発言もあり、きわどいシーンの撮影が控えているのかもしれませんね。

 

また、今最もセクシーな俳優とされている工藤さんですが、番組のプロデューサー曰く「今回は、斎藤工を脱がせません。」とのことです。

 

しかし、白衣に包まれているからこそ放たれる色気フェロモンにやられる女性がたくさん出現しそうですね!また、”抱きしめられたい有名人”

 

第1位の斎藤さんが石田さんの頭をそっと包みながらハグするシーンを見た方の間では、壁ドンもするのでは?!と期待されていますが、どうなるのでしょう?

 

年下男性と結婚する女性が増えている昨今、劇中のこの二人の恋の行方にも目が離せませんね!

 

他局になりますが、同じ医療もので、堺雅人さんが主演を勤めるドラマ『Dr.倫太郎』がスタートします。視聴率争いになりそうですね。

→Dr.倫太郎 原作 あらすじネタバレ天才精神科医は女心が分かるか?

 

4月9日追記

《主題歌》

主題歌は、斉藤和義さんプロデュースの

 

「Don’t be love feat.斉藤和義」
4月29日配信
・作詞:斉藤和義/シシド・カフカ
・作曲:斉藤和義 歌はシシド・カフカさんです。

 

「働く女性の複雑な心」を表現した歌詞と、印象的なメロディーが切ないミドルバラードに仕上がっているとのことです。

 

ドラマ「ファースト・クラス」で女優として鮮烈な印象を残したシシド・カフカさん、パワフルでいて伸びやかなその歌声が曲にとても

 

マッチしていて、思わず一緒に口ずさみそうになります。ぜひ歌にも注目してみてください。

Sponsored Link

今月の人気記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気の投稿画像

ページ上部へ戻る