『疾風ロンド』あらすじ詳しいネタバレ危険な兵器の行方は二転三転のハラハラ展開

ロンド

11月26日(土)公開の『疾風ロンド』のあらすじネタバレについて書いていきます。

人気作家の東野圭吾さん原作の『疾風ロンド』の映画化です。

『疾風ロンド』原作では、事件が二転三転するハラハラの展開になっています。

この映画の原作『疾風ロンド』は、発売後10日間で100万部を突破した人気作品です。さすが人気作家東野圭吾さんですね。

どんな内容なのか原作を読んだ方は、映画の展開が気になりますね。

では、映画の予告をYouTubeでとうぞ。

「疾風ロンド」予告YouTube

予告は、どうだったでしょうか。

Sponsored Link


予告動画には

盗まれた生物兵器がリゾートゲレンデに!

犯人、三億円要求!

極限の心理戦が、始まるか?

たが、なんと犯人が死亡してしまった。

生物兵器は研究員が探すことに!

タイムリミットは4日だ。

警察には頼めない事情が、困った。

スキー場パトロール隊員と女性スノーボーダーが協力。

などなど、刺激的で興味をそそられる言葉が次々と。

鑑たくなりますねー。

映画・ドラマ・アニメ無料で見放題!120,000本超え!無料で試してみませんか?

ネタバレにいく前にまずは、キャストから

《キャスト》

栗林和幸 役 : 阿部寛さん
泰鵬大学医科学研究所主任研究員

根津昇平 役 : 大倉忠義さん
栗林を救助したことをきっかけに
ウイルス探しに協力することになる
スキー場パトロール隊員

瀬利千晶 役 : 大島優子さん
オリンピックを目指すが、
スランプに陥っている女性スノーボーダー

Sponsored Link

豪華なキャストですね。阿部寛さんや大倉忠義さん、大島優子さん、特に大倉忠義さん、と大島優子さんが、どんな演技をするのか見ものです。

《あらすじネタバレ》

あらすじ・ネタバレについて見ていきましょう!

原作では、二転三転する展開です。これは、東野圭吾作品の基本ですね。ストーリーが進む中で何回もハラハラさせられます。

さて、ここからは、詳しいネタバレです。注意!

【起】

ある男がスキー場に何かを埋めます。その男は葛原克也、泰鵬大学医科学研究所の元研究員です。

葛原は、研究所で危険な細菌で生物兵器「K-55」を開発してしまったことで解雇されました。

自分を解雇した研究所長の東郷を恨み続けます。

犯人、葛原がスキー場に埋めた物は、まさにその生物兵器「K-55」でした。主任研究員の栗林が「K-55」が、なくなっていることに気づきます。

その頃、所長の東郷宛てに犯人葛原からの脅迫状が届きました。

葛原は「K-55」のありかを教える代わりに3億円を要求します。

「K-55」は摂氏10度以下になると壊れる容器に入れられ、テディベアの写った写真の場所に埋められているという。

テディベアには発信機がつけられており、その受信機は犯人葛原が持っている。危険な生物兵器を開発してしまったことで研究所としては、

警察には届けられないという立場に立たされるます。

警察の協力が得られない、この辺が、つらいところですね。つまり秘密なのです。

その頃、研究所長・東郷へ警察から電話がかかってきます。犯人葛原が交通事故で死亡したというのだ。

犯人が死亡してしまった。さて、困ったことになりました。

【承】

所長の東郷たちは、犯人の死亡事故現場から受信機やデジカメを回収します。所長の東郷は、生物兵器「K-55」の捜索を主任研究員の栗林(阿部寛さん)任せます。

栗林はデジカメの写真から生物兵器が埋められている場所を「里沢温泉スキー場」であると判断します。

犯人には、共犯者がいました。研究室の同僚研究員の折口真奈美です。

この女が犯人を手引きして生物兵器を手に入れたのでした。栗林は、スキーが出来ないのに、

受信機を手に「K-55」を探し始めますが、スキーの下手な栗林は途中で身動きが取れなくなってしまいます。

そんな時、パトロール隊員・根津昇平(大倉忠義さん)に助けられて何とか無事に帰ります。栗林は再び生物兵器を探し始めます。

しかし、またも動けなくなり、おまけに足を痛めてしまいます。

栗林は、運良くスノーボード選手・瀬利千晶(大島優子さん)に助けられます。

【転】

栗林は、受信機を根津昇平(大倉忠義さん)と瀬利千晶(大島優子さん)2人に渡して生物兵器の捜索を頼みます。

【結】

この後、事件は更に二転三転し、事件は解決します。

えっ!?あの見逃したドラマが無料で見れる?見たいドラマや映画も自宅ですぐ見れる!

 
ネタバレはここまで、詳しい結末は映画館で楽しんでください。


《まとめ》

ちなみに、この「疾風ロンド」は東野圭吾さんの小説「白銀ジャック」の続編になります。興味のある人は、「白銀ジャック」も読んでみるといいですね。

「疾風ロンド」は、キャストも豪華ですし、原作では、事件も二転三転し、ハラハラしっぱなしです。東野ファンも十分楽しめる映画になっています。

公開は2016年11月26日予定!(東宝)東野圭吾作品が、どのように映画化されているか楽しみですね!

Sponsored Link

今月の人気記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気の投稿画像

ページ上部へ戻る