ストレイヤーズクロニクルのネタバレについて!小説よりバトルが衝撃的

T0019513p89

7月公開の映画「ストレイヤーズ・クロニクル」の
キャストとあらすじやネタバレについて書いていきます。

この作品は、ミステリー作家・本多孝好さんの同名ベストセラー小説が基になっています。『ヘヴンズ ストーリー』でベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞した瀬々敬久さんが監督、脚本は『桐島、部活やめるってよ』の喜安浩平さんです。

そして『デスノート』『GANTZ』の製作チームが衝撃的なアクションシーンを映像化しています。タイトルの″ストレイヤーズ・クロニクル”とは、さまよえる者たちの記録という意味だそうです。ただ普通に生きたいと願う特殊能力を持つ少年少女が、その運命に翻弄されながらも、激しい戦いの果てに希望を掴み取ろうとするストーリーです。

 

→映画『ストレイヤーズ・クロニクル』予告/YouTube

Sponsored Link

《キャスト》

昴 役(岡田将生さん)
視覚と脳内神経の伝達速度が高度に発達し、相手の動きの先を読めるため、銃弾でさえかわすことができる。また見ただけで、すべての格闘技を習得できる。誰よりも仲間思いで、心が優しいのが弱点。

994768 ストレイヤーズクロニクルのネタバレについて!小説よりバトルが衝撃的

亘 役(白石隼也さん)
筋力が異常発達し大柄の男性を10メートル以上投げ飛ばすほどの超腕力、そしてナイフで刺されても痛みはほとんど感じない。昴とは固い絆で結ばれていたが、破綻して変貌してしまう。

沙耶 役(成海璃子さん)
1キロ先の虫の羽音まで聞き分ける超聴覚を持つ女子大生。嘘がつけないまっすぐな性格で、口は悪いが昴を深く慕っている。

学 役(染谷将太さん)
昴グループに対し、遺伝子操作で違う生物の能力を持って生まれてきたグループ通称”アゲハ”を率いる。体内に致死率80%のウイルスとその抑制抗体を併せ持っている。

 

ストレイヤーズクロニクルもいいですが、話題の恋愛から驚愕のミステリーへと変貌する映画などは、いかがでしょう。
→イニシエーションラブ あらすじやネタバレ 謎をとく鍵はWニ股!!

《あらすじやネタバレ》

時は、1990年代初め。各界のトップで構成された極秘機関では、ヒトは自らの手で進化することが出来るのかということを検証するため実験が行われ、結果2組の“進化した”子供たちが誕生します。1組は親の脳内に強いストレスをかけ、異常なホルモンを分泌させた結果生まれた、突然変異的に人間の潜在能力を極限まで発揮できる子供たち。

 

もう1組は、動物や昆虫のDNAを植え付ける遺伝子操作によって、それらの生物の能力を持った子供たち。しかし、バブル崩壊と共に機関は閉鎖され、子供達はそれぞれ里親の元で育ちます。大人になるにつれ、脳内ホルモン操作により視力・聴力・筋力が異常に発達した子供たちの最年長である昴は、兄弟以上の絆で結ばれた亘と良介(清水尋也)と一緒に暮らすようになります。
Sponsored Link

特殊能力を持つ彼らは、その代償として「破綻」と呼ばれる精神崩壊が起きる危険を常に抱えて暮らしていました。その「破綻」を解決するカギを、プロジェクトの中枢にいた外務副大臣の渡瀬(伊原剛志)が握っていました。昴たちは、渡瀬から依頼される裏の仕事を仕方なく請け負っていました。 しかし、ある日、亘が「破綻」してしまい、突然変貌してしまいます。

 

《謎のカード》

昴は里親の元で暮らす残りの2人、隆二(瀬戸利樹)と沙耶が心配になり様子を見に行きますが、道中不審な男女とすれ違います。ふと気が付くとコートのポケットにアゲハ蝶と髑髏が描かれたカードが入っていました。カードを見た渡瀬は、彼らは遺伝子操作で生まれたもう一方の子供達のグループ、通称アゲハであると説明します。

 

そして、去年頃から、殺人事件の現場にアゲハ蝶のカードを残す案件が続いており、その犯人たちが学をリーダーとする5人の特殊能力者であることが判明します。彼らは幼い頃に渡瀬とは決別して外へ飛び出し、自分たちだけで生きてきたのです。渡瀬は、昴にアゲハを生みだした”リム博士”をおとりに、アゲハの確保を命じます。

 

そこで、一緒に暮らすことになった沙耶と共に、昴と良介は博士が出席する国際シンポジウム会場へ向かいます。予測通りアゲハは現れますが、博士の拉致は阻止できませんでした。アゲハの特殊能力への代償は、20歳前後までしか生きられないことだったため、それを知ったアゲハは博士にどうやったらもっと生きられるのかを聞きだそうとしたのです。

 

しかし、何をしてもムリだという博士の答えに絶望したアゲハは、未来のすべてを破壊しようと決意します。それとは対照的に、昴たちは自分たちの能力を未来のために使おうと、希望を頼りにアゲハを阻止しようとしました。

 

《ウイルス》

その矢先、恐ろしい事実が明かされます。なんと学は体内に致死率80%のウイルスとその抑制抗体を併せ持っているため、学が死ぬとそのウィルスが世界にばらまかれ、もちろん抑制抗体も機能しなくなる、というのです! 宿命によって引き合わされた、二組の特殊能力者たち。彼らの戦いに加え、裏では権力者達の自分勝手な思惑も働き、人類の未来を決する、切なく壮絶なバトルが繰り広げられます!

 

また、様々な特殊能力者が出てくる今作ですが、キーパーソンになるのは、黒島結菜さん演じる碧です。彼女はアゲハ側の人間で、イルカ、コウモリなどの遺伝子を組み込まれています。人間には聞こえない高周波を発して、敵の場所を感知することができます。戦闘力は低いものの、未来への希望をつなぐという重要なキャラクターです。

Kuroshima CMnow168789 293x300 ストレイヤーズクロニクルのネタバレについて!小説よりバトルが衝撃的

仲間に愛される妹的存在で、学を一途に慕い守ろうとします。作中では、チャーミングながらも芯のしっかりした力強さも見事に表現していて、存在感がすごかったです!今後要注目の女優さんです!!一番の見どころは、余りある才能をヴェネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)で称えられた染谷将太さんと、確かな演技力と存在感です。

 

そして、甘いマスクで女性をとりこにする岡田将生さんの戦いです!二人とも望んで手にいれたわけではない特殊能力によって、人生が変えられていくことになります。そんな切ない叫びが現れたバトルシーンはとても衝撃的です!ぜひ劇場の大スクリーンで見てみたいですね!

 

《まとめ》

ヒトは自らの手で進化することが出来るのかという極秘機関が行った、検証実験が進化した二人の人生を変え、そして、権力者たちの身勝手な考えが結局、世界の破滅への道を作ることになります。科学の発展は、時として人類の危機を招く諸刃の剣にもなりえます。この映画は、そんな愚かな人類に警鐘を鳴らしているように思います。

 

本田翼さんが三角関係や恋いに揺れるドラマはいかがでしょう。
→『恋仲』原作はなくオリジナル!あらすじとネタバレ本田翼は恋に揺れる

Sponsored Link

今月の人気記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気の投稿画像

ページ上部へ戻る