天空の蜂キャストやあらすじネタバレ!原作の感想から見える作者の先見性がすごい

天空の蜂12

9月12日公開
映画「天空の蜂」のキャストとあらすじやネタバレ・原作の感想について書いていきます。

 

この作品の原作は、稀代のベストセラー作家・東野圭吾さんが20年前の1995年に発表した同名小説です。全長34mの最新鋭超巨大ヘリコプターが乗っ取られ、原子力発電所の真上に静止させるという《原発テロ》事件に、立ち向かう人々の8時間の攻防を描く社会派サスペンスとなっています。

原作者本人が、”映像化は絶対不可能”と話していたほどの圧倒的スケールの物語を今回映画化するのは、大人気作品『20世紀少年』や『SPEC』シリーズを手掛けた堤幸彦監督。

Sponsored Link

→映画『天空の蜂』予告/YouTube

《キャスト》

湯原一彰 役(江口洋介さん)
錦重工業のヘリ設計士。家族との時間を犠牲にしながらビッグBの開発に取り組んできた。

4d006d51c25c7a76475cf5a88a0bb648 天空の蜂キャストやあらすじネタバレ!原作の感想から見える作者の先見性がすごい

三島幸一 役(本木雅弘さん)
錦重工業の原子力機器設計士。日本の発展に寄与するエネルギーと信じ、原子力発電所の設計に携わる。

 

赤 嶺 役(仲間由紀恵さん)
錦重工業総務課に勤務。三島幸一の恋人で、事件の鍵を握る女。

d09cbecf6510fd86eb0ec080b1fcbd3c 天空の蜂キャストやあらすじネタバレ!原作の感想から見える作者の先見性がすごい

雑 賀 役(綾野剛さん)
巨大ヘリコプター「ビッグ B」を奪う謎の男。

《あらすじやネタバレ》

1995年8月8日。この日、湯原一彰(江口洋介さん)は、小学生の息子・高彦を連れて自分が設計した最新鋭にして、日本最大の超巨大ヘリ《ビッグB・B=Bee(蜂)》を見にきていました。今日防衛庁に納入する予定だったのです。しかし、最終チェック飛行の直前に、何者かの遠隔操作によって突然空へと飛び立ってしまいます。

 

【遠隔操作】

その上、高彦が好奇心から湯原の目を盗んでヘリに乗り込んでいたことが発覚します。ビッグBはそのまま飛行を続け、原子力発電所「新陽」の真上、高度800mの上空でホバリングを始めます!遠隔操作によってビッグBを無人自動操縦状態にし、

 

ハイジャックするという驚愕の手口を使った犯人は自身を〈天空の蜂〉と名乗り、” 燃料切れになるまでの8時間以内に日本全国で稼働、点検、建設中の原発全てを即刻使用不可能にせよ”と要求してきます!従わないのであれば、大量の高性能爆薬を搭載したビッグBを、原子炉に墜落させると言ってきます。

 

同じ頃、電力会社や県庁、マスコミなどへも犯行声明とも取れるファックスが届きます。もし、原発にビッグBが墜落するようなことがあれば、大惨事になるのは目にみえています。湯原(江口洋介さん)は、同期の原発設計士・三島(本木雅弘さん)と共に、ビッグBに取り残された高彦を助けるべく、また日本消滅の危機を止めるべく奔走します。

 

日本政府は原発を止めずに危機を回避しようとしますが、政府内では意見が真っ二つに分かれます。その頃、三島の恋人・赤嶺(仲間由紀恵さん)は、周囲に家宅捜索の手が伸びる中、密かに恋人の無事を祈っていました。一方、事件現場付近で捜査にあたる刑事たちは、

 

 【犯人発覚】

《ビッグB》をハイジャックした謎の男・雑賀(綾野剛さん)の行方を追跡しはじめ、衝撃の真相へと辿り着いていきます。影を背負った寡黙な実行犯の雑賀(綾野剛さん)は、以前より原発からの放射能漏れを疑っていました。しかし、なぜ原発の全面廃止と、

 

日本のエネルギー政策の全面的な転換を国民に対して約束しろ !! と、このような強硬な手段に出ることになったのでしょうか。過去に心に傷を背負っている赤嶺(仲間由紀恵さん)が、この事件の鍵を握っているようです。どんな展開になるか楽しみですね!

公式サイトより

Sponsored Link

《感  想》

原作は、20年前に執筆されているにも関わらず原発を推進する行政のデタラメと嘘が明るみに出ている様は、まさに現在の日本を予見しているかのような内容で、東日本大震災を経験した私達、日本人は、その事実に目を背けてはいけないと再認識させられます。

48f23782ea251678d8237761ae051152 天空の蜂キャストやあらすじネタバレ!原作の感想から見える作者の先見性がすごい

東野さん本人も今まで書いた作品のなかで一番思い入れが強いのが今作、と語るほど思いがこもっています。今作では、原発事故を経験した私達に対し、原作には登場しないオリジナルシーンが加わり、より身近なテーマとして考えさせてくれる内容に仕上がっています。

 
社会派映画でハラハラした後は、『おおかみこどもの雨と雪』の細田監督・最新作で感動してはいかがでしょうか?
→『バケモノノの子』ネタバレあらすじ!蓮はバケモノ界で何を見付けるのか?

 

政府にとって『不都合な真実』が赤裸々に描かれているこの作品が、多くの人の勇気と努力で上映されることになった事に意義があると思います。実際、原発事故が起こったあと、全停止しても電力は足りていましたよね。にも関わらず、安全を保証できない技術をまた再開しようとしている日本政府。

 

それを目の当たりにしても声を出さない人々が多すぎるのかもしれません。事故が起こってからでは遅すぎる、自分の大切なもの全てがなくなるのだ、激しく観客の肩を揺さぶってくる今作、できるだけ多くの方に見てもらいたいですね。

 

【原作の感想】

東野圭吾さん自身、「20年前(1995年)に私が発信したメッセージが、今どのように受け止められるのか、見守りたいと思います。」と述べています。20年前といえば、4年前(2011年)の3.11東日本大震災に伴う原発事故など想像もできなかった時に、原発テロをテーマに作品を書いたことが驚きです。

d0362e5a100f980ff9ac555b346f9b53 天空の蜂キャストやあらすじネタバレ!原作の感想から見える作者の先見性がすごい

原発という悪魔が大震災で牙をむいた今となっては、設定は違うものの原発の危険性を見抜きミステリーとして社会問題化した作者は、先見性があったと思います。作者本人が自身の作品中、もっとも力を入れたものというだけにその内容は、すごいものがあります。

 

エネルギー資源を他国に頼らざるを得ない日本が、今まで原発という危険な悪魔に自ら目を覆って近づき、見返りとして社会の安定を受け取ってきました。本作は、現代社会に投じられた一石である事は確かです。本書を読んで改めて原子力発電の軽水炉と高速増殖炉の違いを知った人がいるということをネット上の読書感想を見てもわかります。

それだけ、原発を理解することは、専門知識が必要ということです。

【ネット上の読者感想】

3年前、東野圭吾にハマってこの本を購入した。とにかく内容に圧倒されて1週間くらいで読了した かなりの「お気に入り本」だったのだが、今回映画化されるということで、本棚から引っ張りだしてきて読み返してみた。もう・・・一回読んだ小説なのに、鳥肌たちまくり。この小説に隠された、本当に伝えたかったメッセージ。思い出すだけでも恐ろしいが、東野圭吾は本当に天才だと思う。そして予言者なのだ。

 

ちびりび読んできた。 ついに読み終えた。 この作品は所謂原発ジャック! 書かれたのは1998年頃。 まるで,3.11を予想手していた かのような内容に,驚愕!!! そして,書かれているスケール! その大きさと構成力には脱帽! さすが東野圭吾だと嘆息!

 

今秋、映画になるとの事で文庫版を買ってみた。(ハードカバーが家にあったはずなんだけどなぁ) こんな凄い小説を20年前に書いてていたなんて、東野圭吾恐るべし! 当時にこの小説がもっと話題になっていたら、先の東北大震災への原爆対応も違ったものになっていたのかも知れない。 近年、小説を読んでこんなにハラハラドキドキする事などなかった。 あらためて東野圭吾恐るべし!

引用:読者メーター

【原作の内容について】

今までの東野圭吾の作品と比べると、格段に硬い本です。内容も硬いし、文章もやや硬めです。内容が社会派なので軽い文体というわけにもいかないのでしょう。したがって、推理物として読むのは無理があります。社会派サスペンス小説として読むのが正しいと思います。問題提起するものとしては非常に優れています。

 

しかし、この手の小説に興味ない人には向いていないようです。本書の半分くらいを読んだ時点で読み手が、犯人の思考を予測し、先回りしてフラフラと揺さぶられる形になります。つまり、作者の意図が見え隠れしてきます。また、読者が感情移入し、展開にのめり込むかどうかという点で見ると、それがしにくい作品でもあります。

 

原発関係の知識は増えますが、小説として面白いかといわれると今までの東野作品から比べると微妙な点数になります。犯人を最後まで憎む気にならないのは、東野作品らしい。ちなみに、この作品が1995年11月発表となっていますが、高速増殖炉『もんじゅ』が、1995年12月8日に事故を起こしています。人気作家の先見性なのか?偶然って怖いですね。

 

以上のことをまとめると原作のまま映画化することは、面白さという点では、マイナスになります。したがって、映画では、原作にないオリジナルの場面があり、原作を越える迫力ある場面が設定してあるそうです。公開が楽しみですね!

バトルが原作より衝撃的な映画はいかがでしょう?
→ストレイヤーズクロニクルのネタバレについて!小説よりバトルが衝撃的

Sponsored Link

今月の人気記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気の投稿画像

ページ上部へ戻る